ツインレイ・トリプルレイ

おはようございます。

先ほどまで、新規投稿画面がエラーが出てしまって、ちょっと焦っていた私です。(笑)

今日はね、ちょっと初心に戻ろうかなって思っていますよ。

後、今だから「もしかしたら」と思うことも書いていこうかなって思います。(#^^#)

もちろん、私が体験したことが元になっているし、当時読んでいた信頼できる方のブログでも体験したから今だから答え合わせが出来ているとも思っています。

では、全部一つの投稿で書ききれるものではないので、少しずつ書いていこうと思います。

※一般的な、男性がランナー、女性がチェイサーという視点で書いていきます

★出逢い

ツインとの出逢いは突然と感じるものであるかもしれないし、元から知り合いだったのにある日突然感じることであるかもしれない。

ただ、その相手が好みであるとか何かしらの条件があるわけではないのですね。

何というか・・・。

本当の意味での出逢いを果たすとき、それは現実ではなく違う次元というか現実の距離ではなくもっと遠くの場所なのに近いという感じ。

この感覚を文章にするのは、とてもムズい(笑)

これは、私が感じたものだけど、人によっては違う表現になるのかもしれないですね。

例えば、雷に打たれたようなとかなんとか・・・(笑)

出逢ったことがない人には感じることが出来ない感覚なのではないかと思います。

この出会いの前に、元から知り合いだったのであれば、おそらく女性側は男性の想いに気付くのに時間がかかるかと思います。

最初は男性の方が霊性は上ですからね。

「この人である」と認識するのは先であろうと思います。

そして、男性側から女性側にアプローチしていく形になります。

私は、相手の気持ちと自分の気持ちに気が付くまで、かなりの年数を要してしまいました。

本当に、長い間待たせてしまったなと思います。(笑)

なぜ男性側からなんでしょう?

これは、日本創造にもあるように、女性神から男性神へ(イザナミからイザナギへ声をかけた時)の時は、国産みを失敗したんですよね。

2人は上の神にお伺いをし、男性神から女性神へ声をかけるようにとアドバイスを受け、その結果国産みに成功することになるんです。

ツインレイも同じなんです。

男性側から女性側にアプローチする。

これが一般的な形ではないかと思います。

2人の距離は、あっという間に現実的に近くなります。

ただ、お互いに相手を想っているにもかかわらず、女性側からしたらどんどん今までの恋愛の価値観を崩されていくことになります。

「なぜなんだろう」「どうしてなんだろう」と思い悩むことが、どんどん出てきます。

今までの恋愛のような形をとることが出来ないのですね。

相手から甘い言葉も、気持ちを表すような物質もないのです。

相手から、どんどん踏み込んでくるような言葉をかけられるかもしれません。

相手は、自分の愛する人の全てを知ろうと、あれこれと揺さぶってくるでしょう。

それは、相手が意図しているかどうか・・・。

おそらく、無意識にそのような言葉は態度に出ると思います。

私も、当時は思い悩むことが多かったですよ(笑)

今思えば、とても懐かしく、きっとプログラム通りに動かされていたのであろうと思います。

ツインレイと本当の意味での出逢い、その道が本格的に始動するまで(学び)の期間はとても短いんじゃないかなって感じます。

サイレントまでの間、自分が相手に逢いたいと思っていても、なかなか思うように逢うことは出来ない。

それでも、本格的なサイレントに入るまでに、二人の逢瀬は続くでしょう。

出逢いからサイレントまで、それは序章にすぎません。

ツインレイとの学びの醍醐味は、長いサイレント期間であるかと思います。

そのサイレントについては、次回に書こうと思います。

では、ここからはちょっと「もしかしたら」も付け加えようかな(笑)

もし、お相手と本当の意味で出逢うまでの間に貴女が辛い状況にいるのであれば、そのお相手は貴女をその状況から救い出すための手立てをしてくれているかもしれません。

私の場合、ツインもトリプルもその状況から救い出してくれました。

そんなことを、最近ふと感じたんです。

詳細は書くことが出来ませんが、救い出してくれた結果、私はとてもホッとした覚えがあります。

貴女にも、そのようなことがありませんでしたか?

※ツインレイと貴女について

・立場は真逆

・年齢差

・どちらかが既婚、あるいは両方既婚

・容姿は理想とは言えない

・国籍、言語の違い

・貧富の格差

・その他

これは全てという意味ではなく、何かしら簡単に結び付くには壁が沢山あるという条件があるかと思います。

ツインレイの相手は真逆の相手。

トリプルレイの相手は双子のようにそっくりな相手。

参考までに(*’ω’*)

当時、私は「ツインレイ」という言葉を知りませんでした。

それこそ、「なんで」「どうして」があって、色々と検索しているうちに「ツインレイ」という言葉を知り、当時は「まさか」という思いましたよ。(笑)

だって、知れば知るほどそんなことが私に起きるとは信じられませんでしたからね。(笑)

もちろん、トリプルの相手が後に現れるなんて1㍉も考えたことはなかったですよ。

ツインでも信じられなかったのに、トリプルなんて考えられるわけないですしね。(≧▽≦)

人生は、本当に面白い。

私は根っから、冒険家なのかもね。

では、今日はこの辺で。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

感謝!

森羅万象/ツインレイ

久々に鬼滅の刃のDVDを鑑賞して泣いていた私です。

おはようございます。

個人的に大好きなアニメですが、このアニメもまた色々と学ぶべきことが盛り込まれているものであると感じます。

まぁ、アニメを見ることがない方もいると思いますので、気になる方は見てみてくださいね。(笑)

人の人生は、生まれてから今に至るまでの間に沢山の経験をしておりますよね?

言葉を覚えたり、友達との関係だったり、親との関係、教育や仕事など私たちは沢山の経験をし、生きております。

今まで当たり前であったと思っていたことが、そうではなくなるという現実が起きる。

ツインレイという片割れと出会うと、今までの自分が思っていた常識や価値観が壊れてしまいます。

今だから思う事ですが、本当に面白いものであると思います。

心の底から、魂から震えるほどの出逢い。

あの衝撃は、今もなお忘れることが出来ないものであったと思います。

※トリプルレイとの出逢いは、またそれとは違ってお互いに認識できる相手であるため、ツインレイとの出逢いの衝撃とは異なると個人的に思っています。

このツインレイとの出逢いにより、私たちは何を宇宙から求められているのでしょうか。

沢山の目標というべきものがあるのも事実。

真実の愛・無条件の愛・地球救済などなど。

その一つとして、私たち人間もまた宇宙のエネルギーの欠片であり、それはこの地球や自然と変わらぬ存在であるという事でしょうか。

人間の視点で見れば、私たち人間と動物、海や山などの大自然。

どうしても区別というか、別物であるととらえているかと思います。

ですが、宇宙から見たら同じである。

それを我が身で知る。

「あぁ、そうなのだ」という事がわかる時が来るというべきか。

だから、自然界にないことは現実には起きないという事になると。

畑を耕し、種を植え、太陽の光を浴びて雨という恵みを得て、手入れをしながら成長を待ち、やがて実りを迎える。

私たちも同じです。

ツインレイの道も同じです。

人生も、大きな実りを迎えるまでに、心を鍛錬し沢山の愛を受け取り、自分の成長を促しながら、大輪の花を咲かせる。

そのための学びを強制的に迎える相手でもあるのかなって思うんですよね。

だから、その相手と出会うと、大抵の人はことごとく壊される現実や精神に、出逢わなかったら平穏に暮らせていたのにという思いが起きるかもしれませんね。

あと、もう一つ。

使命と言われるもの。

まぁ、それは人それぞれであると思いますが、その前にまず「生きる」という選択を常にしてもらいたいと思います。

ツインレイに出会う方というのは、生きるための沢山の武器と思えるような知識や技術を携えていると思います。

その全てを総動員して、力強く生き抜くということを実践してほしいのです。

ツインレイと出逢う方は、非常に頑固です。

※トリプルレイと出逢う方は、さらに頑固ちゃんです。マジで(笑)

だから、それを壊すのは容易ではないので、どうしても辛く厳しいことになるんですけどね。

まぁ、私もかな~りの頑固ちゃん。(笑)

ここまで来るまで、紆余曲折ありました。

沢山、涙を流してきました。

沢山、どん底も味わってきました。

沢山、裏切りもありました。

本当に沢山の感情を味わいました。

底を味わうたびに、立ち上がり前へ歩みを進むことが出来たのは、まぎれもなくツインレイの存在であり、トリプルレイの存在が私をここまで連れてきてくれたのは間違いのない事実であります。

そして、父や母の存在。

子供の存在。

周りの愛に助けられながら、ここまで来たのだと感謝しています。

渦中にいるときって、自分自身で手いっぱいだから、まわりに感謝するという余裕が持てないし、なんで?どうして?っていう思いが先立っているからね。

それでも自分を信じて前へ進むこと以外、道はないのだと思うのですよ。

前に壁が現れたのであれば、それをどう乗り越えたならいいのか。

その壁という課題は、何を問われているのか。

いつでも、答えは内にあるということ。

そして、答えを知ったのであれば乗り越えるための行動をするという事。

その繰り返しが、新たなステージへと導いてくれるのだと思いますよ。

繰り返し訪れる壁。

それは、貴女の心を鍛錬するべきもの。

より大きく強い心へと成長するために、与えられた愛を、どうか受け取って頂きたいと願います。

乗り越えるたびに、ツインレイ(トリプルレイ)というのは何かを知ることになるでしょうし、お相手との距離にも反映されるでしょうし、心も自分のエネルギーも軽くなることになると思います。

ちなみに、これは相手から教えてもらったことですが、ツインレイ(トリプルレイ)の相手は、貴女をビジョンとして見ることが出来ますよ。

だから、お相手に隠し事は出来ません。

「何かを隠している」という事は伝わりますし、そこをつついてくるでしょう。

※トリプル設定の方は、その時に選択した相手(ツインレイかトリプルレイ)にしか見えていません。陰陽の世界ですからトリプルであったとしても同時進行はないですし、その時の学びの対象である者でしか見えていません。

「これを伝えたら嫌われるかもしれない」と思う事であったとしても、伝えなければならないときがあるかもしれませんね。

本当にツインレイという相手であれば、赦されるのですよ。

まぁ、大変な勇気を伴いますけどね。(笑)

貴女の愛のために、お相手への愛のために、どうぞ力強く生きてください。

貴女は一人ではないですよ。

生き抜くための覚悟を、この道を歩む覚悟をするのは、貴女でしかありません。

しかし、その手助けをしてくれる者もいることを忘れてはなりませんよ。

私もその一人です。

貴女を癒す力を持っているのは、人ばかりでなく、広大な自然もおいしい食事も動物も音楽も映画も沢山あります。

心を強く豊かにするものは、沢山あることもまた忘れないで欲しいなって思います。

どうぞ、ご自身の中に光り輝く柱を立てて頂きたい。

それが出来る存在であると、信じております。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

読んでくださる皆様へ、私の愛の欠片が届きますように。

DIYとルームツアー

こんにちは。

すっごい久しぶりの更新となりました。

皆さま、お元気でしたでしょうか?

私は、変わらずに元気にしております。

なんででしょうかね。

なぜかブログを更新出来ずにおりました。

まぁ、忙しかったというのもありますがね。

特に、辛く悲しい日々を送っていたという事でもなく、ただ毎日を一生懸命に過ごしておりましたよ。

あと、どうしても今住んでいるお家を自分の好みの場所にしたくてね。

何かしらのDIYをしておりました。

ただ、住んでいるところは賃貸ですからね。

壁などに傷をつけたら大変ですし。

私は、けっこう多趣味なほうで、その時によって熱を入れる趣味が変化してしまいます。(笑)

今年に入ってからは、色鉛筆だったりして、結果的に道具ばっかりそろっているんですけどね。(笑)

でも、この多趣味のおかげで色々と役立つことも多いんですよ。

で、この数か月はDIY。

木材もけっこうなお値段しますからね。

いざ作るというときには、構想を練ってどんな木材やアイテムを使うかを計算しているんですが、なかなか予算よりオーバーすることも多いです。(笑)

根がおおざっぱなところもあるのでね。(笑)

あぁ、上の写真のコーヒーフェイルター立ては、100均のコーヒーフィルター入れをバラシて、フィルターに合わせて作り直したものです。

そのままだと買ったフィルターが全部入らないし、取りづらいし。

可愛く出来たかなぁって思っています。

私、コーヒーが大好きで毎日使うしね。

後、まぁ好きな方も多いかと思うのですが、基本的に男前インテリアというのが好きです。

私の住んでいるところは、2DKで一人暮らしには十分かなとも思いますが、キッチン兼リビングは正直狭い空間。

いかに快適に暮らすか、帰って来た時に大好きな空間だと嬉しいじゃない?

で、コツコツとやっているというわけ。

ここに引っ越した時に最初にやったのが、キッチン扉のリメイクシート貼り。

DIY初心者が簡単に出来るやつね!

で、今年になってから一大決心して、キッチンを頑張ってDIYしてみようと思ったの。

でもね、うちのキッチンはシンクの上に太い水道の管が横に入ってるから、そこをどう回避して作るかが問題だったんだ。

いやぁ・・・めっちゃ考えた。

で、試行錯誤して作ったキッチン空間がこれ↓

頑張ったでしょ?(笑)

ここで、タイトルの通りちょっとしたルームツアーみたいな感じで、今まで作ったものの一部を紹介しようかな。

とにかく狭いから、分別ごみ箱も全部一つにしたくて、かつその上も有効活用したから、分別ごみ箱兼カウンター?テーブル?みたいなものも作ったの。

元々あったカラボ二つを使って作ったんだよ。

右側の扉は2枚の板をそれぞれ色を塗り分けてつないだもの。

後は、天板と後ろに養生用の材を使ったんだ。

ちなみに見えてる部分にあるスマホスタンドとかティッシュケースも作ったんだよ。

まぁ、生活感が見えてる部分は大目に見てね。(≧▽≦)

トイレは、タンクレスにしたくて。

でも、うちのトイレはタンク横に水道管がある。

で、出来たのがこれ↓

一番安く仕上げるために、養生用のシート?材とリメイクシートと突っ張り棒を使ったの。(笑)

縦に入っている水道管を隠すのに養生用のシートで囲って、コンクリ柄のリメイクシートも貼ってみた。

まぁ、それなりに見えるでしょ?(笑)

後、最近完成したもので自分の中ではよく頑張ったと思うテーブル。

今まで使ってきたテーブル、上のソファーが写っている写真の左下にちょこっと写っている部分なんだけど、カフェテーブルとしてはいいんだけど、ここで私はご飯も食べているし、なんなら絵とかも描くのね。

で、それだと低いのよ。

腰を折り曲げてしまうから姿勢も悪くなるし。

で、どうしてももう少し高くて引き出しが欲しくて、それで作ったのがこれ↓

いやぁ・・・頑張ったよ私!

引き出しは、スライドレールを使ってね。

テーブルだから、長持ちさせたいからウレタンニスを天板には塗ってはやすりかけてを何度か繰り返してみたよ。

テーブルの脚には、水性ペイントの黒を塗ってから、やはりウレタンニスの黒で塗ったんだぁ。

あとは、隣の部屋のパソコン周りとかも色々とやったんだけど、ここは作業部屋だし、まぁ洗濯物もあるから載せないけど(笑)

こんな感じのお部屋にいます。

作業しているときの私の部屋は、お見せすることが出来ない状態になりますけどね。

床一面に材木やら、のこぎりやらドライバーやら釘やらで、大変なことになっているからさ。

時間もかかるし、体力も使うから結構大変なんだよ。

でも、完成した時のうれしさってないよね。

もちろん、DIYだから職人でもないし、売ってる家具のほうが計算されているわけだから美しいに決まってるんだけど。

でもさ、自分で作るから多少の不細工な家具であっても愛着が湧くし大事に使いたいって思う。

自分でDIYして、つくづく亡くなった父に対して尊敬する。

実家の家は、実は大工ではないうちの父が作ったもの。

もちろん、基礎とかプロでないとならないところは頼んでいたみたいだけど、ほとんどを洋服の仕立て屋だった父が作った家を見て、本当にスゲーと感心する。

私と私の母のために、作った家。

私は、愛されていたと本当に思うよ。

それでいて、私はやはり父の子であり母の子であると認識させられる。

2人とも職人だった血を受け継いだ私は、やはり何かを作るという事が楽しいし、嬉しいんだなと感じるからね。

最近、ふと思うことは私の父と母は、ツインの二人であると思う。

そして、母は前世では私の妹であったと感じる。

今世では、父と母は私を産む役割とサポートするためだと思う。

この二人のツインとしての学びは、きっと来世なんだろうなって思う。

色々と面白いなぁって思う。

あぁ、そうそう。

今の私は、トリプルの彼とは離れているんですよ。

彼は彼で学びでもあるんだろうけど、私の学びとしては完全なる手放しであろうと思う。

私にとっては2度目の手放しだね。

一度目はツインの彼を。

そして今回。

与える愛を学んだ相手。

受け取る愛を学んだ相手。

そして、今は自分の基盤を本格的に整えるときなんだろうと思う。

私の場合、トリプル設定の今後の学びについては自分を実験のようにしているから手探り状態。

だって、参考になるブログはないからね。

(あるのかもしれないけど、見つけていないし(笑))

寂しくないの?と思うかもしれない。

でもね、不思議なんだけど寂しいという感じはないかな。

だって、心から安心できる相手なんだよ。

信頼できる相手なんだよ。

そして本当に幸せなって欲しいと願っている相手であり、本当はすでに幸せなんだと思っている相手。

それは私もそうなんだろうと思っているよ。

だから、これからもっと幸せになるんだろうと思っている。

これから、どんな未来があるのかわからないけどさ。(≧▽≦)

今回、新しくカテゴリーとしてDIYとしてみたけど、どうだったかな?

もちろん、私のブログを読む大半の人は、ツインについてトリプルについてを知りたいんだろうと思うんだけど、これから少しづつでもツインやトリプルについては整理したものを更新したいかなと思っています。

その合間に、私の好きなことや手掛けたものなどを同時にご紹介したいなとも思っています。

よろしかったら、またお付き合いくださいね。

もちろん、相談メールは随時受け付けておりますよ。

ただ、返信に時間を要します事は、ご了承くださいね。

最後まで、お付き合いありがとうございます。

6月も最後ですね。

体調に気を付けて、今日も一日冒険を楽しみましょう。

3か月ぶりですね(≧▽≦)

大変遅くなりましたが・・・

 

皆さま、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

実に久しぶりの更新です。

皆さま、お元気でしたでしょうか?

私は、忙しさと闇落ちでやる気スイッチOFFでした。

すいません。(・ω・)ノ←本気で謝っている感じではないな・・・(笑)

 

まぁ、ぶっちゃけ私も闇落ちするわけですよ。(≧▽≦)

人間ですからね、ことごとく予定が変更になるたびに「なんでやねん!」となるわけですよ。←道産子です

後は、ずっと忙しくてねぇ・・・。

コンビニチェーン全店でのクリスマスポップコンテストとかさ、あったわけね。

残念ながら全国では入賞出来なかったけど、北海道道東支部では3位だったかな。

入賞しました。

その時のポップがこれです。

時間もなかったので、すでに作ってあった羊毛ちゃんとクリスマス小物で作ったんですよ。

まぁ、それはいいか。(笑)

闇落ちした原因は、複数あって仕事のし過ぎで体が疲れすぎてしまったことと、思うように彼に逢えなかったことかな。

まぁ、これでもかというほどすれ違ったよね。(笑)

大雪降ったり、彼が風邪ひいたり、彼の仕事がトラブったりと、ことごとく潰れて誕生日もクリスマスもなかったよ。(笑)

その結果、見事に闇落ち!

まぁ、精神もっていかれたわ~(≧▽≦)

ってことで、ブログも制作物も出来なかった。

でね、年末近くになってふと「手放しだなぁ」と感じたわけ。

何を?

もちろん、彼をさ。(笑)

なんだかんだ、待ってるわけよ!私。←けなげ~(笑)

でもね、ふと待たなくていい勝手に進んで勝手に楽しめばいいという結論になったらさ、やっと笑えたのさ。

何をいまさらと思うでしょ?

ツインレイ設定とトリプル設定の違い。

彼の手放しは2度ある(笑)

いや、これは私の場合であって、数は少ないであろうと思うけど違うトリプルさん設定の人は私とは違うかもしれないけどね。

私はリアルタイムで、トリプル設定の学びを発信してるわけなんだけどさ。

で、年末年始のLINEの会話で彼がついに彼の学びが始まるといってた。

彼が言うには、色んなことを今年は自己対峙する彼にとっては大変な年になるそうだ。

「ついに始まるんだね」って、LINEしたんだけどね。

ツインであってもトリプルであっても、陰陽の関係においてやはり大なり小なりお互いに学びはあると思う。

ここで、ツインレイの一般的な流れと私が体験しているトリプルレイの流れを少し書いてみようかな。

*ツインレイ設定

1、二人の出会い

2、男性側からアプローチ

3、女性側は気づかない

4、女性が自分の気持ちに気づく

5、本当の意味での出会い(どこか違う次元を感じる)

6、急速にラブラブ状態になる

7、ラブラブの間も、学びが始まる

8、お互いに愛を感じたとたん、離れる(サイレント)

9、女性はサイレント期間中に次元を上がるために自己対峙し、膨大な量の学びをする。(この長い期間中に多くは相手は自分であると確信を持てると思う)

10、次元を上がりながら、同時に次のステップに上がるための準備をする。

11、この段階で、多くは周りの人へ愛を放つようなソウルワークをし始める。

12、相手の幸せを祈ることが出来たとき、自分も幸せになっていいと思えるし、また相手を手放すことが出来る。(この辺りで自己統合はされてきていると思う)

13、精神的自立・経済的自立が出来るようになってくるころ、相手が戻ってくる。

14、相手が戻ってくることで、受け取る愛を学ぶ。

15、その中で最終的に相手の男性を手放せるかどうかが試される。

16、相手の男性の学びが始まる

17、後の選択肢は、そのカップルで変わるかも~

*トリプルレイ(私の場合)

ツインレイの1~13まで同じ

14、相手のツイン君は戻ってこない

  ※ツイン君の学びが膨大であったりと抱えている案件が深すぎて逃げ続ける

15、ツイン君が戻ってこないという事を知らずに、ひたすら待ち続ける。

その間、ひたすらソウルワークを行う。

それがどんなに勇気を必要とすることであっても、挑戦する必要がある。

16、エネルギーが供給されないため、どんどん現実も精神も枯れる。

  ※与える愛を学んでいたため、そのまま愛(エネルギー)を与え続ける。

   コードは繋がったまま。

17、ほどなくしてトリプル君が現れる。(この時より数か月前にお互いに超驚く前振り的なシンクロ事件が起きる)

18、周波数が同じなので、勝手にエネルギーが結びつく(体の繋がりがない状態で)

19、お互いに魂の相手であると気づき、トリプル君を受け入れなけらばならないことを悟る。

20、トリプル君に枯れ果てたエネルギーを供給され、救われる。

21、ツイン君との学びが終了(扉が閉じる)し、トリプル君との受け取る学びが始まり、再度無償の愛についても学ぶ。

シンクロの連続に、お互いに驚くほど。(笑)

22、枯れた現実がすぐに戻ることはない。

自然と同じで、畑を耕し種をまき肥料や水を与えて花が咲き実を付ける。

そこに至るまでに、学びながら「今」というこの時を楽しみ、懸命に生きる。

23、すでに自己統合されている(お互いに)ので、頑張った結果二人の統合が始まる。

24、二人の統合が完了するまで、時を要す。(今の時点で、まだ完了しておらず)

25、トリプル君を手放すことになる。

26、トリプル君の学びが始まる。

27、これからどうなるのかな(≧▽≦)

 

まぁ、ざっと時系列を書いてみたんですが、どうですかね(≧▽≦)

もちろん、物語はそれぞれのカップルによって違うだろうから、一概にこの通りではないと思いますよ。

ただ、通るであろうと思われることかな。

トリプル設定の場合、信用できる参考事例がほとんどないので自分がいわば実験みたいなもんなんだよね。

 

言えることは、全てが陰陽で成り立っているということ。

自己統合とは、両性になるということかな。

自分の中の陰陽が一つになるというか・・・・。

表現がむずいね。(笑)

2人の統合の前に、必ず自己統合が必要である。

私の場合、トリプル君と出会った後に魂友さんに出会いました。

これは女性なんだけど、「あぁ、この人は私と近い人だな」と理解出来ました。

その女性は、魂の事とかそういうスピ的なことを学んでいるわけではないのだけど、いつだったか「なんかいつも一緒にいる感じ」という表現をしておりましたよ。(笑)

面白いなぁと感じた出来事でした。

年が明けて、闇を抜けてだんだんと意欲がわいてきております。

年が明けて最初にしたこと。

年末の大掃除ならぬ年始の大掃除(笑)

なぜかYouTubeでゴミ屋敷の清掃動画を見ていて(笑)、別にうちはゴミ屋敷ではないのだけど、なんか掃除と断捨離をしたくなって、不要なものやプチDIYもしたりして、掃除しておりました。

後は、デスク回りとドレッサー回りとクローゼットの片づけかなぁ(*’ω’*)

話は戻るけど、今サイレント中の人はとにかく自己対峙とソウルワークを見つける事かな。

サイレント抜けている人は、日々「今」楽しむことかな。

でね、魂の相手に出会う人ってけっこう完璧主義だったり、頑固だったり、男勝りだったりっていう部分があるんじゃないかな?

それでいてけっこうプライドも高かったり。(笑)

どうだろう?

思い当たらないかな?

で、相手に出会うことで自分の弱さだったり醜さだったり、ことごとく認めてこなかった部分を認めざる得ない状況になったりするよね?

で、サイレント明けが近くなるころには、勇気をもって踏み出すことを強要されたりもする。

サイレント中にどん底に沈むほどの悲しみを経験し、勇気を持って踏み出すことで失敗したりさ。

LiSAの曲でもあるけど、悲しみや辛さや失敗があるからこそ、それを乗り越えてた時に、その当時の自分より成長している自分がいる。

成長するには、失敗はつきものなんだよ。

強くなるには、自分の弱さを認める事。

学びの過程で、その学びはきっとあると思うよ。

困難な道ってね、その人に乗り越えるだけの力があるからこそ、現れる物なんだよ。

そう思えたら、今までの人生で現れた出来事に感謝が生まれるよね?

どう?

そう思わない?(≧▽≦)

今年はどんな年になるのかな。

私はね、より真実に生きるように促される年になるんじゃないかなぁと思うんだ。

人によっては、辛い年になるかもしれないけどね。

魂は無限であっても、人は有限だからさ。

限りある命、精一杯「今」を楽しめたら、いいよね( *´艸`)

久しぶりのブログなんで、相変わらず長文でしかも取り留めのないものになったかもですが、許してね。(笑)

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

今夜、夜勤なんでこれから寝ます(笑)

どうぞ、お体ご自愛くださいね。

それでは、このへんで。

経験値

実に久しぶりの更新です。

見てみると8月を最後に更新していませんでしたね。( *´艸`)

読者の皆様、すいません。(笑)

非常に忙しかった&疲れてました。(笑)

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私が勤めているコンビニは今大人気の鬼滅の刃とコラボしておりまして、それにプラスしてクリスマスだハロウィンだ新商品だってことで、毎日のようにポップ作ったり考えたりしている状況でした。←いいわけか?(笑)

忙しい反面、まぁ楽しんでいるのも事実ですけどね。

今度はどんなポップにしょうとか、どんな絵を描こうかとかね。

久しぶりのせいもあって、近況から長々と書くことを許してね。<(_ _)>

まず嬉しい事として、これは毎週なのかな?

今週のワクワク売り場みたいなものがあるらしく、私の作った売り場がなんと全道ベストに選ばれた週がありました!

あと、クルーだけが使える一種のSNSみたいのがあって、全国のクルーさんが自分達の作品やら売り場などをアップして、いいね!やコメントなんかしあうのがあるんですよね。

そのアプリで毎月作品のカテゴリー別の「今月のMVP」があるのですが、私の作品が美術部門で最優秀を頂きましたぁ…ヽ(^o^)丿

まぁ、正直これで?って思いがあったのは否めませんが(笑)

自分的にはそれよりお気に入りの作品がけっこうあったんですがね。(笑)

多分独自性を評価されたのかなって思います。

今回、担当の本部の方からのお話で、支部ごとの売り場のコンテストがあるのですが、それに参加するために突貫で頑張りましたよ。

結果はどうなるかわかりませんが、時間がない中で去年のを再利用して作ったのですが満足しております。

後は、楽しみにしていた鬼滅の刃の映画を観てきました!

実は・・・彼に勧められて見たらハマったのです(笑)

プライムで全部一気に見て、後は最新刊まで電子書籍で読破しましたよ。(笑)

やっぱりね、はやるアニメってブルースリーの哲学が入ってると感じましたよ。

今回の鬼滅の刃もそう!

炭治郎が鱗滝さんの元で修行している時、水になれなんてまさにそうだなって。(笑)

ブルースリーを知らない方は、ネットで「ブルースリー 名言」で見てみて!

きっと、心に刺さる言葉が連なって出てくると思うから。

私はね、このツインレイ・トリプルレイの学びは、ブルースリーの哲学とも同じであると思うんだよ。

鬼滅の刃でもそうだけど、初めの呼吸の剣士であるヨリイチさんが「辿り着く場所は皆同じ」というのも、そうであると思う。

まぁ、鬼滅の刃をそういう視点で読んでいる人は中々いないと思うけどね。(≧▽≦)

でも、あれだけ世界中の人々が読んで熱狂するのは、皆の中にある魂が反応し共鳴するからじゃないかなって。

あのアニメには、本当に沢山の学びのヒントがあると思うのよ。

感じられるといいのだけど。

あっ!映画はとても素晴らしい作品でしたよ。

私は泣いてもいいように、一番後ろの端っこの席を予約して鑑賞しました。

案の定、涙と鼻水でぐしゃぐしゃでした。(笑)

近況はこの辺で。

************************************

前回の投稿から約2か月の間、幾度もブログを更新しようと思っていたんですよね。

それは、何かしらの学びや気付きがある度にそう思っていたんですが、なんせ疲れてしまってね。

毎日を全力で生きている。

(だからと言って痩せないのが不思議なんだが(笑))←食ってるからね

今この一瞬を全力で生きる。

寝てるときも笑っている時も仕事している時も、その一瞬一瞬におこる出来事や感情を存分に感じて味わう。

特に夜勤の時は、本当にくそ忙しいから(失礼)休憩する暇がない!

1人仕事だからね、やることがてんこ盛りなわけよ。

でもね、やり切ったときの「終わったー!やり切ったー!」って感じで、充実感を味わえるの。

何でこんな事を書いているかというと、皆にも人生が楽しいんだという事を味わってもらいたいの。

「今、こんなに苦しいし辛いのに、楽しいだなんて思えない」という状況であったとしても。

相手に逢いたくても逢えないのは、コロナのせいでもなく、相手のせいでもない。

間違いなく自分の学びにおいて、そこまで辿り着いていないからであろうと思う。

逢えなくて辛いとか、LINEしても既読すらならないとか、嫌われたのではないかとか、いろんな思いが浮かぶと思う。

けど、その思いって裏側には自分は本当に愛されているのだろうかという恐れがあるからでしょ?

何も印のようなものも言葉もなく、ただひたすらに相手からの連絡を待つ日々。

その「待つ」という時間の中で、どれだけ自分と向き合い、昇華出来なかった想いや感情を自分に受け入れ赦すことが出来るのか。

その作業失くして、人生はどんな辛いことがあっても楽しかった!面白かった!愛しい人生だったとは、言えないのではないかと思うのです。

そして、その思いになれる自分に気付くには、やはり色んな感情や出来事を経験する必要があるのだと思いますよ。

目の前に立ちはだかる壁。

それは、その壁を越えられるだけの力があるからこそ現れる物。

でなければ、そんな壁なんて現れない。

私達は、最初から愛で始まっている。

生まれたその時から、私達は愛であり冒険者なのである。

その冒険は、色んな出来事や体験を通して貯えられる経験値。

唯一無二の相手に巡り会い、この道を生きるという選択も、本当は最初から愛の道を歩いていたという事。

そして貯えられた経験値をフルに使える貴女になるために、今沢山の学びをしている状況じゃないのかなって思いますよ。

鬼滅の刃でもあった言葉なんだけど、使える・使いこなす・極めるは違う。

今の私であれば、確認をとっているわけではないけど、きっと「使いこなす・極める」を試されているのかなって。(≧▽≦)

そう感じている。

では、今の貴女は何を求められているのだろう?

それは、今のステージでも違うだろうけど、目指すものとして「自分に対しての安心・信頼ができるか」かな。

それは、現実的な相手に対してもという事でもある。

「信じてる」ではなく、「信頼・安心」

どのような状況であっても、です。

「信じてる」の裏には、まだ「でも・・・」という恐れが残っていると思う。

それが信頼や安心に変わると、自分がどのように生きていたとしても、愛されているという安心感や将来に対して不安になることはない。

自分に対して安心できると、とても楽になるよ。

その境地になるで、自分と向き合い、色んな体験や思いを経験してください。

それがいつか宝物になるから。

この経験があるからこそ、乗り越えることが出来、まだ幼い経験値のものを手助けできるようになる。

貴女が沢山のツインブログから学んで実行して、沢山腑に落としてきたものを次世代の人を助けるために使えるだろうし。

沢山、迷い失敗し絶望したとしても、全部経験です。

その出来事が、貴女が成長するためのものであると思います。

頑張って下さい

這ってでも歩いてください

成功は失敗なくしてあり得ない。

祈ってます!

 

今日はとりとめのない話を、ありがとうございます。

めっちゃ眠くなったので、寝ます(笑)

ありがとうございます。

あれこれと…

本当にご無沙汰しちゃいました。

読者の皆様、お元気でいらっしゃいますか?

前回の更新から約一か月程経っちゃいましたね。(・ω・)ノ

今日は、私のことばっかりになっちゃうから、ごめんね。(笑)

 

この一か月の間、なかなかブログが書けませんでした。

身体的に疲れがあり、ちょっとやる気という面で底でしたね。(笑)

だから、バイト先のポップ類もなかなかできず、家に帰ってからもただただボーっとテレビを眺めている状態が多かったです。

まぁ、ストレスもあるんでしょうね。

何か月か前までパン作りに夢中になっていた私でしたが、ずっと中止していました。

忙しさもありましたが…

最近、またパン作りをはじめました。

で、ついに手ごねに限界を感じて前から欲しいなぁと思っていたホームベーカリーを買いました!

いやぁ…めっちゃ便利よね(≧▽≦)

買ったのは、ご飯も使えるやつで、もちろんタイマーもついているし、ジャムやちょっとしたケーキなんかもつくれるものです。

さっそくタイマーで食パンを作ってみたら、起きた時にパンの焼けるいい香りが家中に漂っているじゃないですか!

なんて幸せな香りでしょう!

買ってよかったぁと思っています。

今日はクルミパンを作ってみました。

中にチーズを入れてみたんですよぉ( *´艸`)

手ごねの良さももちろんあるけど、あれ結構しんどいのよね。(笑)

手軽にパンが作れて幸せな毎日を送っていますよ。

そうそう、13日にお墓参りに行ってきました。

この日は、釧路地方ではなかなかない気温でして、31度くらいになったんだったかな?
マジで倒れそうになるような暑さ!
こんな暑さは釧路人にとっては拷問ですよ!
20度超えたら暑いと感じる釧路人にとって、本当にやばかった!

まぁ、それは置いといて…

最初の写真は、お墓のある坂の丘という場所から撮った写真なんですよ。

いい眺めでしょ?

海も山も町も見渡せる場所なんです。

うちのお墓です。(ちゃんとバックとかゴムテとか片付けてから撮ればよかった(笑))

もともとは洋服の仕立て屋だったうちですが、時代の流れでそれでは食っていけないと、うちの父がテーラーから墓屋に転身したため、いわゆるモデルハウスならぬモデル墓として建立したんですよね。

家紋が見えるでしょ?

うちの家紋は、丸の内に二つ引きという家紋らしいんだけど、ふと家紋の意味を知りたくなって調べてみたら、めっちゃ驚いた!

なんと、この線は引両というらしいんだけど、この引き両は龍を表すんだって。

二本だと、雄と雌の龍が絡み合って天に昇るという事だった。

ブログで書いたかな?

私は、龍族って言っていいのかな?

族って言葉が妥当かどうかわからないけどさ、その中でも海龍にあたると前世の状況からそうなんじゃないかなって思っているんだよね。

でね、うちの父は辰年生まれなんだよね。

で、この家紋。

普通に驚いたよ。

あぁ、やはりそのようになっているのかって感じ。

ちゃんとそのようにプログラミングされているんだなぁって感じます。

宇宙ってすげ~なぁ…(≧▽≦)

 

私ね、ツインレイやトリプルレイについてブログを発信しているけど、この真実の愛について学ぶことになってから今までの間で思うことは、学びの要所要所で必要な事って言えばいいのかな…自分のルーツを知るきっかけを与えてくれるような気がするかも。

もちろん、私だけなのかもしれないし、そうでないかもしれないけど、「ふと」と思うことを調べてみたら、「あぁ、そうだったのか」っていう事が多いようなきがするんですよね。

自分の前世を知るきっかけも、「これって何だろう」という好奇心を、後にしないですぐに調べてみて、「なんでこんな情報に行き着いたんだろう」と思ったけど、後に「やはり私の前世のことだったのか」ってわかったりしてね。

けっこう驚いちゃう。(笑)

けっこう、何でもそうだけど、その時には気づかなかったとしても、後からわかる事って多いよね。

学びでもそうだよ。

色んな人のブログを読んで、その時にはわからない内容だったとしても、自分が体験して初めて「あのブログは、こういう意味だったのか」って後からわかることは沢山ある。

自分のルーツにしても、愛の学びにしても、体験して学びを繰り返すことで、初めてわかるの。

知識だけあっても、真に理解したとは言わないでしょ?

経験してアウトプットする人と、知識だけをアウトプットする人では重さが違う。

言っている意味がわかるかな?

私がお墓参りして、ふと家紋の意味を知りたくて調べて納得することが出来るのは、それだけ私は体験して、学んで歩んできた自負があるからであり、ただ他の人のブログから知識だけ得て何も体験していなかったら、この家紋の意味に対して何も感じなかったかもしれないし、そもそも知識だけであったならトリプルの彼とも出会わなかったであろうと思う。

 

ツインレイとは…とか、2極とか、真実の愛とか、無償の愛とかって、自分が体験して学ぶことで初めてわかる事。

それには、勇気をもって前へ進むしかない道であるという事。

立ち止まっても、またそこから立ち上がって歩む勇気を持っていただきたいと感じます。

このブログを立ち上げて、後数か月で3年になるかな。

立ち上げた当初と今では、私も随分変化したし、ブログの更新頻度は落ちてしまったけど、それでもこうして書き続けていられるのは、読んでくださる読者さんがいる事。

本当に有難いと感じます。

日記の類が苦手な私が、これだけ続けることが出来ることに私自身が驚いておりますけどね。(笑)

私が勇気をもらっていたように、私が体験したことが誰かの勇気だったり気づきだったりのきっかけになってくれたならという思いです。

歩き始めて者が、誰かの手助けを借りて前へ進む。

そして学んだことをまた、次の誰かへつなぐということ。

自分で学んだことは、出し惜しみしないことが愛ではないでしょうか。

どうかね、けち臭い人にならないでね。(笑)

自分の学びが誰かの成長の手助けになるんですから、ご自分の愛を他者へ分け与えることが出来るような方になっていただきたい。

サイレントが明ける頃の方であれば、そのような時期になってくると思います。

どのような仕事であっても、それは出来ると思うのですよ。

 

今、深い闇に沈んでいる状況であっても、必ずまばゆい光が待っています。

闇の深さが愛の深さ。

その深さが貴女のハートを開いていくのですからね。

今日も、読んでいただいてありがとうございます。

それでは、おやすみなさい。

赦すということ

おはようございます。
気づけば7月も後半ですね。
マジ、はえー(≧▽≦)

最近の私は、ちょっとお疲れモードでして、マジで「おらに元気をわけてくれ~」って、孫悟空のごとく叫びたくなりましたよ。(笑)

この頃は、10時間くらい寝てますね。(笑)

彼からは「そんなに働いているのに、痩せないのね」と言われ、「ひどいねぇ」と返したら、「すみませんでした」と。(笑)

「気にするな」とも言われましたけどね。(≧▽≦)

あぁ、そうそう。

あるお客様から、「けっこう須崎さんのファンがいるんだよ」と言われ驚いております。(笑)

なんでも、たんたんと仕事をこなしているのがいいという、訳の分からないお言葉を頂戴いたしました。

まぁ、ファンがいるというのは、嬉しい限りですね。( *´艸`)

まぁ、私の情報はこれくらいにしておいて。

***********************************

恋愛関係において、いろいろとパターンはあるかと思うのね。

もちろん、世間一般的には赦されない関係だとか、年齢差とか言葉の壁とかいろいろね。

だけどね、ある異性に対して「好き」という感情が芽生えて、事情はどうあれお付き合いすることになって、色んな障害からうまくいかなくてもまだ「好き」という感情があって…

もうその方とお付き合いを続行することが出来なかったとしても、その好きという感情を否定する必要はないと思うのよ。

苦しくて辛かったとしても、その人のことが好きなんだったら、好きでいいと思うのよ。

沢山の出会いの中で、一人の人にそれだけ好きだという感情を持てるなんて素敵なことだと思うのです。

結果がどうあれ、好きから始まって沢山の二人での経験をして今に至るまでの間、喜びも悲しみも経験できたことは、貴女にとってどれだけの財産だったのか。

その大好きな人との出会いがあったからこそ、体験できたわけでしょ?

他の誰でもなく、その相手だったからこそ、体験できたのです。

そう考えると、相手から沢山の愛という名の体験をさせてもらったって思えませんか?

はたから見て、ありえないとかひどいと思う事であったとしても、貴女とお相手の二人だから体験できたこと。

愛とは、自分にとって都合のいいことだけが愛ではないです。

ここでいう自分とは頭の自分のことね。

内なる自分にとって沢山の経験は、喜びこの上ないこと。

でね、よく相手を受け入れるとか赦すとか色々と書いているブログもあるかと思うのですが、それって、自分の肚の底の思いを受け入れるとか赦すってことであると思いますよ。

人間って、きれいな部分だけじゃない。

自分てきれいな部分しか持っていないですか?

どんな人であっても、肚の底のどす黒い部分って持ってるものですよ。

別に自慢にしなくてもいいけどね。(笑)

私であれば、そうだねぇ…。

例えば、物欲がかなりあるとか食べ物でも人でも好き嫌いは激しいし、不潔な人は嫌いだし、わかっているのにやらない人とか、嘘つきとか大嫌い。(笑)

あぁ、仕事のいい加減な人も嫌い。(笑)

でもね、ふとこの間気づいたんだけど、人の好き嫌いがある一方で人間を愛しているんだなぁと。(笑)

矛盾しているけどね。(笑)

お金の管理なんて出来ないし(他人からは何でもそつなくこなしているように見えるらしいけど(笑))、ギリギリになるまで腰を上げないし、たばこは吸うし、貯金なんてないし(←自慢にもならない)、ムダ毛は濃いし(≧▽≦)

沢山ね、自慢にもならないことがあるよ。

過去の恋愛でトラウマになるようなことも、生死をさまよったこともさ。

前の職場にいたら、生きるのに心配なんていらないけど、その職場でのやりがいをなくした時に、やめざる得ないなと感じて退職したら、母親に怒られたし。(笑)

私の人生は、はたから見たら自慢にもならないよ。

かえって、バカじゃないの?と思われるような人生かもしれない。

でもさ、そんな自分だからこそ今があるし、今こういう生き方をして自分の人生は波乱万丈だったけど(っていうか継続中だけど)すごく面白くて沢山の経験を出来たことに出会った人全ての方に感謝だと思っているよ。

今まで自分の肚の底の思いに蓋をしてきたことって、それって自分自身に嘘をついて生きてきたことだよね。

自分が嫌いな「嘘つき」と変わりない。

だから、ふと4年前くらいに浮上した「誰の目線から見た自分」というものに気づいて演じていたことに気づき、そこから間もなく真の意味で出会った相手への思いに気づいたとき、真実の道を歩むことになった。

どんな相手との恋愛であっても、出会った相手は自分が引き寄せた人。

そこに学びがあるから出会う。

恋愛って、いわば自分からのメッセージに気づきやすい時期だと思うのよ。

感情が激しく動くしね。

相手への思いって、実は自分自身からだったりする。

その声に気づいてあげられるといいなって思うんですよ。

女性は受容。

男性は能動。

「追いかける」は能動的なことであり、本来女性の役割ではないのですね。

では、受容って相手のすることなすことを受け入れていけばいいの?っと思うかもしれませんが、そうではないのですよ。

受容って、肚の底の思いを受け入れるって書けばいいのかな。

要は自分の本音の部分。

「こんなことを言ったら嫌われるかも」とか思って言えずに飲み込む部分。

そこを大事にしてほしいと思うんですよ。

私の体験である出来事があってね。

私よりうんと若いひとだったけど、自分の思うようにいかないと物に当たったり、ツンケンするから流石に私もムカッと来てね。

あまりにも私が可哀そうだと思ってはっきり言ったのね。

「イライラするからと言って物に当たらないでください。言いたいことがあればちゃんと言ってください」って。

その時は、人間関係なんて、くそくらい(あっ、失礼(笑))と思ったからさ。(笑)

そしたら、そのあと気兼ねなく仕事が出来るようになって楽になりました。(笑)

私は自分の本音の部分を大事にしたからこそ、副産物として楽な人間関係を築くことが出来たの。

受容って、自分自身の受け入れていなかった本音の部分を自分に赦すことじゃないかなぁって思うんですよ。

その作業をしている期間が、きっとサイレント中であるとか、そんな時期なのかなって。

サイレントではないけど、恋愛でうまくいっていないときとかさ。

それを相手は教えてくれていると思うのよ。

自分を救えるのは、誰でもなく自分自身だよ。

相手を変えることは出来ないからね。

そのために、まず自分を好きになる事。

自分を愛する事。

例え、今自分を好きではなくても、自信がなくても、まずはいろんな自分を探してみる。

そして、過去にしでかした蓋をしてきたことも、勇気をもって開けてみてね。

きっと、そんな自分を赦せると思うからさ。

その時噴出した感情は、そのまま感じてあげてね。

貴女にしか味わえない感情なんだから、その時々の感情たちを抱きしめてあげてね。

生きているからこそ味わえるのですから。

肉体が有限であるうちに、沢山の経験や感情を抱きしめて。

それは貴女の素晴らしい財産になるものたちですから。(・ω・)ノ

貴女は、相手に対して苦しいとか辛いと思うのは、それだけ自分を愛している証拠。

そこに気づいてね。

お風呂入ったら眠くなりました。(笑)

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

全ての皆様に、感謝申し上げます。

では、おやすみなさい(笑)



冒険

全ての経験や体験は貴女にとって必然なこと

そしてそれは人生という名の冒険を彩る宝物

この世界に生まれた時から始まる人生という名の冒険

その時生まれた感情もまた宝物

冒険とは、先がわからぬ未知だからこそ楽しめる物

結果がわかっているものに対して、安心こそあるかもしれぬが面白みがないではないか

人間として生きる事に、未来が不安になるのは致し方がないこと

何の保証もないからね

だからこそ未知なるものに挑むのは、恐怖とワクワクが入り混じる

失敗したらどうしよう…

嫌われたらどうしよう…

人生に結果的に失敗というものがあるのであれば、失敗を失敗のままにしておくことではないだろうか

例え何かに挑み、その結果が求めていたものでなかったとしても、何度でも挑めばいいじゃないか

一度の失敗で、何かを学びまた挑んで失敗したとしても、その失敗の原因を学べばいいこと。

何度もでも何度でも、失敗から学び挑むという「諦めない心」を育てることが大切なのだ

その経験が貴女にとってかけがえのない財産

私は一昨年、苦境に立たされた

一度は諦め心が折れそうになった時、肚の底から湧いてきた思い

それは

「私はここにいたいんだ!離れたくないんだ!」

という爆発的な感情だった

何も結果を見出すことが出来ず、もがいてもがいて苦しんでいたあの時に湧き上がった感情

それは最後まで残っていたくだらないプライドの欠片を放棄するときだった

その爆発的な感情を大事に汲み取った結果、いまだに私はここにいる

最初にこのホームページを立ち上げた時と形は変化したが、それでも私はここに立ち続けることが出来ている

はたから見る成功とは違うかもしれぬが、今というこの一瞬を生き抜いている私にとって、人生という名の冒険を続けることが出来ている自分を誇りに思う

私の肚の底の願いは、冒険だ

愛とは冒険

だから私は生きなけらばならない

最愛の片割れのために、片割れの願いを叶えるために

だからどんな苦境にいたとしても、生きることを選択してきた

そして振り返ってみて、どんな失敗も私のかけがえのない宝物であり、それがあったからこそ、その失敗さえも楽しかったのだと感じることが出来たのだ

だから失敗を恐れないで欲しい

貴女が愛に生きる決意をしたのであれば、時に心折れる出来事があったとしても、諦めない限り道は閉ざされることはないと知って欲しい

どんな形であっても、貴女が貴女である限り、一番応援してくれる唯一無二の存在がいる

その大きな愛の存在に応えていただきたい

それが貴女の一番の使命

 

 

***************************

思ったままに書いてみました

どう感じるかはわからないけど(笑)

どんな環境の中にいたとしても、「貴女」という存在が必要なんですよ。

どんなにポンコツであっても、貴女の片割れにとって必要不可欠なんです。

それを学んでいただきたいなぁと思いますよ(#^^#)

この地球が2極であるように、人間もまた2極なんです。

自分の中の戦いに終止符が打たれるとき、そこには平穏な時が訪れると思います。

「どうしたら平穏な時が訪れるの?」と思うかもしれませんね。

それまでの長い葛藤が、この道の醍醐味であり愛の道であると感じます。

その時が訪れることを切に願います。

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

あっという間ですねぇ

こんにちは。(≧▽≦)

気づけばもう7月。

早いですねぇ(≧▽≦)

珍しく昼間の更新ですが、なぜなら夜勤明けなんです。(笑)

前回の更新からだいぶ経ちますが、その間相変わらず忙しくしておりました。

特に販売していたわけではないのですが、羊毛フェルトの依頼があったのでそれを作ったり、ポップ作りやイーゼル描き・売り場作りなど様々こなしてきました。

で、昨夜夜勤にて仕事している最中(夜勤は一人です)、ふと自分の生き方の全肯定というものに対して頭に浮かんでね。

生き方を全肯定していったら、ツインのほうの彼が私に言った言葉を思い出しました。

「今まで生きてきた自分の体に、自信を持ちなさい。どんな体であっても今の貴女があるのは、その体があってこそなんだから」というようなことを私に言ったんですよね。

まぁ、細かい間違いはあるけど(もう時間が経過しているからねぇ(笑))、当時の私はやはり自信なんて持てなかったんだよね。

中年体形となった自分に女としての自信なんて持てなかったし。

まぁ、体形だけでなく当時の私はかな~りの深い闇を受け入れている状態ではなかったからさ。

自信なんてなかったんだよ。

あれから数年経過して、今そのツインの彼とは会うことはないし、今トリプルの彼といることで、沢山の学びをしてきて思う事。

やっと、当時のツインの彼の言葉を受け取ることが出来たかなって思うんだ。

今年の誕生日を迎えたら51歳になるけど、半世紀生きてきて、けっして私の生き方は、はたから見たら賢い生き方とは言えないだろうし、はっきり言ってポンコツだろう。

人との接し方もへたくそだったし、沢山の失敗もした。

嘘をつくのが下手だし、すぐ顔に出るしね。(笑)

親から言われるほど馬鹿正直だし、さんざん泣いてきたけど、それでも私はその生き方しかできなかった自分を受け入れられたかもって思う。

不思議なんだけど、受け入れることが出来るとね、自分に自信が持てるというかその自信が芽生えるというか、これでいいと思えるんだよ。

そんな自分になれたのは、ツインの彼とトリプルの彼の二人の大きくて深い愛が私をそのように導いてくれたんだという事。

そしてそれだけ私という器は、大きいんだろうな(笑)

逆に言うと、私という愛がデカいということでもあるな。(≧▽≦)

トリプルの彼に、このことをLINEしたら

「そうか それだけ頑張ってやってきたからだよ」って、言ってくれた。

ツインに出会ってからも、トリプルの彼に出会ってからも、沢山の幸せと辛さがあった。

もう、どれだけ泣いただろうと思う。

何かに急かされるように、ただただ怖い扉を開け続けてきた。

そして今、涙が出るときは決まって幸せだと感じるときばかりかな。

何かに気づきを得た時、決まって涙が出ると同時に感動というか幸せを感じている。

危なく仕事中に涙が出そうになった(笑)

 

誰でも失敗ってしたくないじゃん?

でもね、失敗したっていいんじゃない?

沢山、失敗して泣いてわめいて、こんなはずじゃなかったって思ったとしても、その経験があるから学びが出来るわけでしょ?

なにも努力しないで工夫もしないで、すんなり成功したって、何にも面白くないじゃん?

愛の道だってそうだよ。

今、苦しくても辛くても、頑張って歩くからこそ、その壁を乗り越えた時、ものすごい感動と嬉しさを味わえるでしょ?

「こうれをやる!」って決めて、それに向けて色々と準備して試行錯誤して、時に手痛い失敗(私な(笑))してしまったとしても、振り返ればそれもまた必然だったと思うし、いい経験だったし、楽しかったんだろうなって思うんだよ。

当然、渦中にいるときはそんなことを思える状況ではなかったけどさ。(≧▽≦)

そう思えたら、それは失敗とは言わないんじゃないかなって思う。

だから、沢山失敗してください。(笑)

沢山泣いて、わめいて、地団駄踏んで…。

そこから這い上がって、歩いてください。

愛の道って、経験しないと学べないからさ。

どれだけツインブログを読んで知識を植え込んだとしても、それは身についたという事ではないからさ。

実践して初めて腑に落ちるから。

その繰り返しが、今までの自分を・生き方を肯定できる自分へと成長していくんじゃないかと思いますよ。

 

今年も、後半年ですね。

マジで早い…

どんな年で締めくくるのか。

どちらにしても、自分次第でしょうかね。

とりとめのないブログになっちゃったかな?

読んでいただいて、何かを感じていただけたなら幸いです。

私の特別、文章が上手なほうではないからさ。(笑)

さぁ、今夜もバイトが控えていますので、寝ま~す。(笑)

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

 

どんな選択をした人生であっても、何も間違いではないよ。

間違った人生なんてないのさ。

全ては赦されている。

そう私は思います。

貴女がそうしたいと思う道へ歩けばいい。

 

感謝

自分で限界を作らない

おはようございます(・ω・)ノ

ブログ書こうと思い立ってから数日経過してしまいました。(≧▽≦)

相変わらず忙しい毎日を過ごしています。

有難いですね。(*’ω’*)

色々なアイデア(コンビニで使用するポップや自分の仕事でのアイデア)が浮かぶので、形にすることに忙しいんです。(笑)

コンビニでは、どうしても「いつから」っていう日がありますからね、どうしても優先している状況です。

この間も、店内をお祭りみたいな雰囲気にしたくてフラワーペーパーを使ってポンポン作ったり、赤と黒の画用紙を使って提灯作ったり、垂れ幕作ったりとしておりました。

なるべく費用はかけたくないので、提灯10個作るのにけっこう時間がかかっちゃいました。(*’ω’*)

私、羊毛フェルトも作っていますが特にこれを商売にしていなかったんですよね。

でも、お仕事としてご依頼を受けたので、引き受けました。

正直、値段設定もしていないからお代をいくら頂こうかと考え中です。(笑)

まずは、作ってみてからにしようかな。

これでお仕事の一つとして成り立つなら、受注生産してもいいかも(≧▽≦)

なんて考えています。

話は飛ぶけど、この提灯作っている間にやたらと頭の中で「自分で限界を作るな」というフレーズがリフレインしていました。

確かにそうですね。

目の前にある壁を見て、越えられないと考えてしまう事って実は自分の頭だけの判断だったりする。

真実に生きるって、体力的にけっこうエネルギー使っちゃう。(笑)

今の私は、「これやりたい」と思ったことに対して、試行錯誤しながらも形にするべく即行動に移す感じでやってみてる。

金銭的や時間的な問題があるときは、とりあえず保留することもあるけど、出来ることはやってみてるんだ。

それは、ツインの彼と出会った直後から始まっているかな。

もう無我夢中だったかな。

「離婚しなければ」から始まって、自分の打ち明けたくない過去の話を打ち明けるための自分との闘い(笑)、勤めていた会社の退職とかね。

何かに急かされる様に走り抜けてきた。

面白いことに、退職を決めた瞬間は会社内で履いていたサンダルの足の甲の部分のベルトがどこも傷んでいなかったのに突然「ブチッ」と切れて、「あっ、私退職しなければならないんだなぁ」とふと感じたんだよ(笑)

次の日には上司に言ったよね。(笑)

退職する日までの3か月間に、サーバーをレンタルして試行錯誤しながらこのホームページを作って、今に至ります。

当時、まだトリプルの彼とは本当の意味で出会っていなかったし、(もちろん当時はその人がトリプルの彼だとはお互いに知らない)、ツインの彼とサイレント中であったけど、私が退職間近の時には会話は出来るまでになっていたんだよね。

で、「お前、度胸あるな」って言ってたっけな。

親からも、同じ感想を言われ、現在トリプルの彼からも似たようなことを言われたかも。(笑)

全てを宇宙に委ねられた今だから、何でも楽しんでいられる状況なんだけど、当時は日によって感情はアップダウンしていたよ。

今だから、タイトルにある「自分で限界を作らない」という意味は理解できるけど、当時の私であれば、腑に落ちていないかもね。

目の前の壁って、越えられるから存在するもの。

それを超えられないと限界を作るのは、頭。

肉体を持ったツインレイに出会う人に課せられたもの、それは真実に生きること。

もちろん、出会っていなくても自分の真実に従って生きることは大切だと思います。

「なぜ、このようなことが起きるのだろう」と思う事も、その出来事は貴女にとって必要なことだから、起きる。

人は、誰でも創造主なんだよ。

意識していようがいまいがね。

自分の人生を作っているの。

出会う人、それは自分が引き寄せているの。

貴女の学びのために。

私は、そう思いますよ。(*’ω’*)

今、貴女の目の前にある壁や危機的状況は、貴女は越えられるはずだと思うから現れるものであると思いますよ。

選択は自由とはいえ、愛に生きる覚悟をしたのであれば、決まっているようなものであると感じます。

それが、どれだけ自分にとって勇気を伴うものであってもね。

決断するとき、どのような未来になったとしても、それは誰のせいでもありません。

決断したのは自分なんですからね。

自分はどのようにしたいのか。

かなぁ。

肉体を持ったツインレイに出会うとは、自分の人生が精神・現実ともに激変してしまう世界かなぁ。

数年前、本当に今の自分を想像することが出来なかったよ。(笑)

全てを失って、そして必要なものだけ残った。

愛する人と、仕事が出来る環境。

今、私にあるのはそれだけです。

私の冒険は、まだ道半ば。

まだまだ続く冒険です。

いろんな過酷な壁を乗り越えてきた私にとって、今を楽しむことが出来るということは、幸せなことだと思います。

最近、彼に言われた言葉。

「敏は、本当に辛抱強いよね」って。(笑)

私ね、ふと思いました。

辛抱強くいられるのは、彼を心底信用・信頼しているからだと思います。

彼に対して、微塵も疑うことがない。

だって、私だから。(笑)

裏を返せば、私は私に絶大な信用・信頼があるということ。

だから、どのような状況であっても、与えられた状況で前を向いて歩いて行けるんだと思います。

そこに、人から見たらどうかなんてことは考えない。

私が私を喜ばすことが、私は嬉しい。

だから、私は私に求められることを一つ一つ叶えてあげたい。

時間がかかっても、私は私の求めることに応えていきたい。

一番愛する者の願い。

貴女は、その願いを聞き入れていますか?

自分で限界を作らないで、ハートを開いてみてね。

 

あんまりブログを更新できる状況でないことを、ご了承くださいね。

なんせ、月面着陸したアポロと同級生ですから。(笑)

それでは、もう週末ですね。

早いなぁ・・・

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

皆様に、感謝いたします。