人は愛にしか生きられぬ

幾度となく書いております。

みんな、愛であれ。

自分の中にある受け入れがたいものを、勇気を持って受け入れて下さい。

どんな惨めな自分も。

どんな残忍な自分も。

どんな卑劣な自分も。

どんな卑怯な自分も。

人は、人から見て良いとされる部分と、悪いとされる部分を併せ持っているものです。

一方だけでは成り立たないのです。

すでに、自分の中に「ある」ものを、排除することは出来ないのです。

でも、今までそれを「ない」として蓋をしてきました。

そんな自分を認めたくないからね。

でも、どんな自分も自分なのです。

全ての自分を、お相手は曝け出すように促していると思いますよ。

 

自分の中にあるものを、受け入れる。

例え、それが自分にとって受け入れがたいことであっても、あるのであれば受け入れるしか道はないのです。

ネガティブな事を手放すという事は、排除するという意味ではないのです。

受け入れる事で初めて、手放すことが出来るのです。

解放されるといった方がいいかな。

 

自分の中にある沢山の「ある」。

人は、その「ある」を受け入れ感じ手放すことを繰り返すことで、中庸でいられるのだと思います。

愛であれ

中庸であれ

人は愛にしか生きられないのですから

 

 

今日も読んで頂いてありがとうございます。

沢山の愛を、貴女に届け。