愛を受け入れる覚悟

こんばんは。

色々と忙しい毎日を送っています。(笑)

仕事の他に、食べる事・掃除や洗濯・ゆっくりと珈琲を飲む時間・テレビを見る時間とかね。(≧▽≦)

だって、必要でしょ?

そんな時間もさ。(笑)

最近の私はというと、相変わらず思いついたら行動の繰り返しの毎日で、何気にセ〇アに行ったら、買う目的じゃないものを物色していて、結局バイト先の立体ポップをどう作ろうかと考えていたんだよね。(笑)

前に作ったものが、初期の作品だったし少しぼろくなってきたので、バージョンアップさせたくてね。

で、出来たのがこちら↓

これを、スィーツ売り場の上の設置してきたんだ。(≧▽≦)

私的には、とても気に入ってるんだよね。

作りながら「可愛い~」と自画自賛していたもん。(笑)

やすりで削って板(植木鉢の下に敷く板)2枚をすき間にはめてねじで固定して、芝を貼って、植物の模型を切ってタッカーで止めてリースやテーブル・スィーツの模型・マチカフェのカップなどをグルーガンで止めて。

羊毛フェルトは、前に使っていたオカメインコちゃんと作っておいた三毛猫をくっつけて。

看板も、シール付きの印刷用紙に文字を印刷してくりぬいてみたの。

とっても、可愛い森のスィーツ屋さんみたいになったから、お気に入りなんだ。(笑)(森に三毛猫はいないと思ったけど(笑))

まぁ、私の日常はこれくらいにしておくか。(笑)

今の私は、思いついたらやってみるを実行してるの。

それが、大切な事であることを知っているからさ。

バイト先でこういうものを作ったとしても、私の懐が潤う訳じゃないよ。

だけど、ふと気が付いたら色んな事を考えている私がいるんだよ。

少しでも売り上げに繋げたいという気持ちも、もちろんあるよ。

でも、それ以上に「楽しい」からなんだよね。

「楽しい」って、その時間は充実している時間でもあると思うんだよ。

私(彼も)、その充実感を求めているのかなって思うんだよ。

で、タイトルの「愛を受け入れる覚悟」ってさ。

きっと、どこかで自分が幸せになることを拒否しているから受け入れられないとしているんだろうなって思うんだよ。

だってね、ツインレイの愛を受け入れることをしたら、どうしたって幸せになっちゃうからなんだよね。(笑)

その莫大な愛のエネルギーを受け入れる覚悟、みんな持ってるかな?

きっとね、どこかにあるんだよ。

「私なんて、そんな大きな愛を受け取るだけの器じゃない」ってさ。

ツインレイの愛とは、宇宙の愛とイコールだからね。

その広大で深い愛を、はたして自分が受け取っていいのだろうかと、また自分にその資格があるのだろうかと悩むんじゃない?

私のブログを読む方は、今どの視点に立っているのか、様々だろうと思うけど、その愛を受け取るだけの器が、全ての女性にはあるんですよ。(*^▽^*)

その宇宙を抱えてるのは、女性ですからね。

でね、今も昔もこれからも、ずっと宇宙からの愛を本当は受け取っているんですよ。

ただ、自分でそれが愛とは気が付いていないの。

自分の頭が考えている「愛の定義」が凝り固まっているから。

受け取って下さいと宇宙から提示されていても、それは愛ではないと受け取り拒否をしているから、いっこうに距離が縮まらないんじゃないかなって思うんだよ。

相手は、その凝り固まった「愛の定義」を崩そうと躍起になっているのよ。

ただ、それを頑なに「違う!」と拒否しているのが、今の現実であると思いますよ。

今までの貴女の定義が崩れたのであれば、それは貴女にとって不必要な定義だったということです。

いわゆる「思い込み」ですね。

貴女の目の前に提示されている課題をクリアしない限り、同じ現象は繰り返し訪れると思います。

宇宙は「まだ、クリアしていないのね。では、クリアするためにもう一つ用意しよう」となるわけです。

だからね、課題が提示されたら否が応でも、その課題から逃げられないという事になります。

その課題がクリアしたら、次はこれって感じで課題が提示されると思いますよ。

「え~まだあるの~」って感じですが、愛を知る道に入ったのであれば、これは致し方がないんですよね。

今世、ご自分と向き合い愛に還る道に入ったのであれば、それは魂が「これをやる」って意気込んで生まれてきたと思うんですよ。

それに気付く相手に巡り会えたのであれば、宇宙からのギフトであり相手がツインであろうとなかろうと、愛を知るための相手であるんですよ。

今、それをギフトと呼べるかと言えば、とてもギフトだなんて思えないと思っている方も多いと思います。

現実も精神も崩された状態で、くたくたに疲れ果てて、その状態でも日常では普通に生活しなくてはいけない状態だろうから、とてもエネルギーは消費された状態であろうとおもいます。

私もそうだったから。

毎日毎日、床のワックスが剥げるまで泣いて、それでも愛する事を止められなくて、その時期の私はそれさえが幸せあるとは、とうてい思えなかったよ。

それでも今、私はずっと幸せだったのだと思えるようになったし、精神論だけでなく現実でも豊かになろうと思っていますよ。(≧▽≦)

それは、可能であると思っているから。

愛を知る道は、一足飛びにわかる道ではないことだけは、覚えていて欲しいことであるし、それでも覚悟して、その道を歩いていくかは、貴女次第であるということでしょうね。

どのような選択をするかは、自由ですから。

愛を選択するとは、自分の真実を選択するという生き方。

その真実は、貴女にとって受け入れがたいものであっても、その受け入れがたいものも貴女であるということですね。

それを相手は見せてくれていると思いますよ。

相手がツインであろうとなかろうと、自分の欠片を映す鏡です。

ツインレイは、真鏡です。

自分の闇が、相手に映し出されています。

その闇は、貴女の中にあります。

それを血眼になって探してください。

そして、その受け入れたくない闇が、後に宝であったと、わかると思いますよ。

その先に、愛を受け入れる覚悟が出来るのかなって真に思えるのかなって感じます。

まぁ、これは私の体験からであって、皆がどのタイミングで覚悟が定まるのかは人によると思うけどね。

愛というものがなんであるかを腑に落とした時に、それほどの大きな愛を受け取っていいのかと怖くなるかもだけど、その覚悟が定まれば道は開けるのかなって感じる次第です。(*^▽^*)

精神も現実も、崩壊しては再生しての繰り返しで、どんどん霊性は高まって来ると思います。

つかれるけどね。(笑)

崩壊しないと新しく生まれ変われないのよ。

何事も。

ただ、身体は有限ですからね。

そしてこの世界は時間という概念があります。

命には限りがあるんですね。

その限られた命の時間の中で、愛に還ろうとチャレンジしているんですから、大変なんです。

だから、時には立ち止まって疲れた体を癒してくださいね。

体がぶっ壊れたら元も子もないですからね。(*^▽^*)

もう、0時を回りました。

私も明日は早いので、早々に寝ようと思っています。

みなさんも、ぐっすり寝て下さいね。

今日も読んでくれて、ありがとうございます。