壁を超える

 

どんな現実を前にしても

ツインレイの道を歩む者は

超えられるのだ

「愛」という大いなる力で

 

立ちはだかる現実の壁

自分の力では超えられないと思っていても

必ず超えられる壁なのだ

 

何故なら

その壁は自分が創った壁であるからだ

 

自分が創った壁であるならば

壊すのもまた自分である

ならば

超えられない壁などないという事なのだ

 

壊せないのは

理由を外側に求めているからだ

外側の理由とは何だ

世間体か

しがらみか

それとも彼のせいなのか

外側とは貴女の頭の中にあるものだ

 

答えを外側に追い求めても

何も返ってこない

答えは常に自分の中にあるのだ

 

ツインレイと出逢うという事は

自分の中の魂を顕現した肉体の他に

自分という魂との出逢いなのだ

それは逆もしかり

 

ツインレイとの愛は

自己との愛なのだ

それを気付かせてくれる相手でもあるのだ

 

相手との出逢いによって

自己への愛を知る

そして己がどれほど大切な存在であるかを

知る相手なのだ

 

ツインレイの相手との関係は

通常の恋愛関係とは違うのである

3次元という肉体を持ちながら

5次元の愛を体験していくのである

 

その為に

3次元と5次元の間にある壁を

貴女は崩して更地にし

愛で結ぶ作業をする必要があるのだ

 

崩す作業はとてつもなく労力を使う

精神も現実も崩れ

途方に暮れるかもしれぬ

 

泣きながらも

貴女は必死に立ち向かうだろう

転んでもがきながらも

必死に前へ進もうとするだろう

 

ツインレイの相手の存在は

それだけの力を持っている

 

貴女がこの道を歩むのは

自分の中にはない自分という愛を

取り戻したい一心なのだ

 

その為に

貴女は今日も立ち上がる

自分が創り上げた壁を

崩し続ける為に