ご奉納

 

こんばんは。(*^▽^*)

 

朝まで起きてたからだけど、目覚ましなってから二度寝して起きたのは2時半(笑)

 

どうも、昼夜逆転している私です。(*^▽^*)

 

寝る前に「起きたら、鳥取神社(釧路だけど釧路には鳥取という地名がある)へ行こう」と思っていたんだよね。

何だか、呼ばれてるような感じがしたの。

1年前、起業するときにこの神社へ祈祷してもらったんだよね。

その時の感動は忘れない。

「ゴーン」という鐘?の音を聞いたとき、「ここまで来たんだな」って内側から溢れるものがあって、祈祷してもらいながら涙が止まらなかったんだ。

アパートだけど、釘を使わない神棚を買って祭ってるんだけど、呼ばれたとも感じたけど、この1年のご報告に行かないとなという気持ちもあった。

(うちの神棚(*^▽^*)超シンプル)

 

参拝している時、この1年のご報告と守って頂いた事や導いて頂いた事などの感謝をし、これからもよろしくとお伝えしていたんだけど、周りで風が吹いていた。

 

この神社訪問から、息子に会いにいってきたんだ。

その道中、ふと子宮委員長はるちゃんが月読神社へ1,000万円だったかな。

御奉納したことを思い出して、「私もそれくらい御奉納してみたいな」と浮かんだんだ。

そのあと、「あぁ、神社(神様)への御奉納って、自分への御奉納と同じなんだ」と思った。

そしたらね、涙が出たよ。

 

それぐらい、自分には価値があるという事なんだ。

 

「自分の価値を、お金に換算するなんて」って思う人もいるかもしれないね。

 

そう思う裏には、「お金」に対して、何らかのブロックがあるという事なんだよ。

私もね、「お金」に対してのブロックって、根深くあったんだ。

今が、ゼロになったかどうかは、わからないけど、なりつつあるかな。

 

だから、ケチるって、自分への愛・自分の愛をケチるのと同じかなって思うんだよ。

 

おそらく、ツインに出逢う人って自分の事より相手や家族に対して、お金を使うことは出来ても、自分にはお金を使わない人が多いんじゃないかな。

たまには、自分の為にお金を使って欲しいと思いますよ。

「これ」というものに。

それは、些細な物でもいいと思います。

本当は、本マグロの刺身が食べたいと思っていても、高いからこっちのメバチマグロにするじゃなくてさ。(笑)

本当は、どこどこのケーキが食べたいと思っていても、見切り品の半額で我慢するじゃなくてさ。(笑)

(例えが、全部食べ物という発想も、どうかしてるね。私(笑))

 

何でもいいから、たまには自分が笑顔になるために、自分へ御奉納して欲しいなって思います。

 

自分への御奉納も、自分のやりたい事も、「できない」としているのは、自分の頭。

「だって~」とか言って、あれこれ言い訳しているのは、内なる自分ではなく頭の自分だという事ですね。

 

自分の思いを叶えられるのは、自分しかいないですからね。

ツインに出逢うということは、それを促されることでもありますね。

西川きよし師匠も言ってるじゃないですか。

小さなことからコツコツと(≧▽≦)

 

今日は、御奉納という事でお金のことを書かせて頂きました。

 

貴女の価値は、愛する片割れの価値でもあるんだよ。(*^▽^*)

 

貴女の使命。

愛する片割れの価値を、証明するのも1つの使命かもしれないね。

 

それでは、この辺で。

いつも、読んでくれてありがとうございます。