通過点

インフィニティ

 

愛を選択し

愛に生きる

 

出逢ってからこれまで

沢山のしょい込んでいた荷物を

降ろしていく作業

 

その数は膨大で

降ろしても

降ろしても

底が見えないと嘆きながら

日々作業に明け暮れる

 

少なくなるにつれ

自分というものが見えてくる

 

私というものが貴方であり

貴方とういものが私であり

それもまた私であるという感覚

 

待ち望んでいた統合という文字

 

それはとてもあっけなく訪れる

 

ただそれも通過点に過ぎない

 

ツインレイの真のゴールは

そこではない

 

統合してからが

2人の本番なのだ

 

自分が置かれている現状を

知ることは大切

 

その上で見えてくるものがあるはず

 

先を急がんとばかり

急いては事を仕損じる

 

貴女が歩む道は

貴女と片割れとの物語

 

その物語を誰も綴る事は出来ない

 

貴女にしか綴れないからだ

 

その為に不要になった荷物を

貴女は見つける作業を繰り返す

 

幾重にも折り重なった荷物の中にある

感情という名の宝物

 

手に取り抱きしめて味わうといい

 

その感情は宝物であった事を知り

思い込みという荷物をおろしていけばいい

 

愛する片割れは

貴女に教えてくれているはずである