闇の深さと愛の深さ

 

自己と向き合い

己の中にある闇を

一つ

また一つと

見出し絶望し

それを受け入れ

またそれを許していく

 

ネガティブなものを

クリアする・払拭するとは

無くすことではないのだ

 

無くすとは

悪いと思うから

無くさなければならないと

あるにもかかわらず

消そうとする

 

それではかえって意識は

そればかりにフォーカスされ

無くしたいと願うものが

現実として立ち上がる

 

自分の中に「ある」ものを

無くそうとすることは

自分を否定する事と同じ行為

 

自分を否定し続ける限り

愛されている事に

自信を持てないであろう

 

払拭するとか

クリアリングするとか

それは

自分の中に「ある」ものを

受け入れなさいということ

そしてそれが「ある」ことを

認めて許しなさいということなのだ

 

自分で作り上げてしまったもの

前世や親・集合意識からできてしまったもの

それら全ての事からなる

己の中にある闇を

一つ一つ掘り下げ受け入れていく

 

それが無条件なる己への愛だ

 

その愛の深さは

貴女の抱え込んでいる闇の深さに匹敵する

 

貴女の抱え込む闇の深さを

受け入れ許すことが

貴女の器である愛の深さである