快楽の言霊

ただ、あるがままに

貴方を迎え入れるために

閉じられた扉は

美しく濡れしたたり

奥へ

奥へ

誘う

 

時に優しく

時に激しく

 

濡れ纏う私は

歓喜の渦へ

のまれ奏でる調べは

快楽の言霊

 

共に果てる一瞬に

一筋の光を垣間見る

 

解き放たれるエネルギーに

私は包まれ

至福の痙攣と共に

静寂の時を待つ

 

お互いを

求め

求められ

交える姿は

崇高なる愛の儀式

 

2極の星だからこそ出来る

究極の愛の形なのだ