自分と向き合う事で見えること

こんばんは。

スピリチュアルの苦手な方はスルーして下さいね。

 

 

以前、トラウマとの対峙っていう記事を書きました。

トラウマとの対峙

 

今日も、自分の気付きから書きますね。

 

ちょっと暗い内容かな。

 

今日一日の大半を使って、とことん自分と向き合いました。

子宮委員長はるさんの御まん託鑑定書の影響もあってか、ふと昼間にわかったんです。

(現在、はるさんの御まん託鑑定書は引退されたので行っていらっしゃいません)

 

いじめによるトラウマから、傷つきたくなくてバリアをはってしまったことが、実は全ての事を跳ね返していたこと。

そのバリアが自分を苦しめている要因だった。

 

初めてのいじめは、中学1年生の時でした。

教室でも、部活でも・・・。

教室では突然、同級生からのシカトがあって私の机は、四方八方から離されました。

部活では、先輩(全員ではないですよ)から執拗な攻撃。

(当時、先輩から指導を受けるとき一人一人好きな後輩を先輩が選ぶ方式。私はいつも最後まで残っていたり、ゲーム形式では目と鼻の先の私に向かって受け取れないような強烈なパスをされ鼻血を出したり・・・)

担任の教師からは、あることで呼び出され私なりの意見を述べたら、その後呼び出された同級生に私はめんこくないと言われ、どこにも居場所を感じる事が出来なかった。

ただ、我慢してた。

逃げたら負けだと思って、ひたすら我慢してた。

 

そして、男性と初めて付き合って言われた言葉にショックを受け、ますます私のバリアは厚くなっていった。

男からの裏切りや言葉、職場でのいじめ・・・

どんどん私のバリアは厚くなる一方だった。

 

生きていくために、自我は私を守ろうと一生懸命作ったのがバリアだった。

 

この3次元を生きるために、必要な事だった。

 

 

 

本当に、私の闇は深くてねぇ・・・

掘っても掘っても出てくるんだよね。

自分でもびっくりするくらい。

 

女性は、はるさんの子宮メソッドをお勧めします。
女性は何かしら性に関してのトラウマを抱えている方が、多いと思いますので・・・。
チャクラで言えば、第1・第2の部分です。←とっても大事
ここが開かなければ、自己実現が厳しいです。(実感中(笑))

 

 

でも、そのバリアはもう必要ないんです。

バリアって、攻撃も跳ね返して衝撃を和らげてくれるけど、愛も跳ね返しちゃうことに気付いたんだよね。

素直に受け取れないのよ。

 

幸せになる覚悟をして、気付いたことでもありました。

 

でね、

人はどんな状況であろうとも、愛の中でしかないことも理解しました。

 

私達はツインレイであってもなくても、過去からも未来からも愛されているのですよ。

この事については、まとまっていないので、まとまり次第アップしようと思います。

 

トラウマの原因は、人それぞれで誰もが何かしら抱えている。

私のトラウマはほんの一例に過ぎませんが、その重たい荷物をおろしてみませんか?

その重たい荷物をおろすことは、自分と向き合うことになるから辛いかもしれません。

それでも、おろすとねホッと楽になります。

 

魂に着せた自我(エゴ)という鎧を脱いでいくと、本当の自分に出会えます。

それは自分が愛そのものだったと、腑に落ちるときがきます。

 

私も含めて一歩一歩、歩き続ける。