がま口バッグの作り方ー①

がま口バッグの作り方-①です。

 

前回、型紙をアップしましたので、その続きです。

がま口バッグの作り方-型紙作り

 

型紙が完成しましたら、布に型紙をあてて裁断していきます。

表地①あおりポケット2枚・内側用のポケット2枚

表地②本体2枚・サイド2枚・底1枚

内側 あおりポケット2枚・本体2枚・サイド2枚・底1枚・ポケット2枚

がま口バッグ表地

(がま口バッグ表地)

がま口バッグ内側

(がま口バッグ内側)

本体とサイドの生地を切るとき、一番上の部分は縫い代がいりません。

口金に隠れる部分なので、大丈夫です。

サイドは、真ん中のV字の部分だけ縫い代が必要です。

がま口バッグ本体

(がま口バッグ本体に芯を貼り付けた後)

 

布の裁断が終わったら、今度は芯を切り出します。

布に貼る芯に型紙をあてて切っていきます。

がま口バッグの芯

(見づらくてすいません)

切るときは、線よりちょっと内側を切るようにしてください。

芯は、手芸屋さんに売っています。

バッグでしたら、ハードタイプがいいと思います。

芯に必要な部分は、あおりポケット・サイド・底・本体です。

それを、アイロンで貼り付けてくださいね。

 

下準備が終わりましたら、いよいよ縫っていきます。

まず、表部分から。

あおりポケットの部分を縫っていきます。

あおりポケットの表と内側の表面部分を中にして、待ち針でとめて縫っていきます。

この時、待ち針だけでは自信がないという方は、しつけ糸で止めてくださいね。

あおりポケットがま口バッグ本体作成

縫い終わったら、縫う線までの手前数ミリまでの切り込みを入れます。

切り込みを入れると、ひっくり返した時に綺麗に返しやすくなります。

あおりポケットがま口バッグ本体作成

ひっくり返したら、淵から数ミリの場所を縫います。

あおりポケットがま口バッグ本体作成

この時、ひっくり返した後に待ち針で押さえたほうがいいです。

縫い終わったら、本体に合わせ、横の部分の線から数ミリ外側を縫って仮止めします。

この時は、まだ底の部分は縫わなくて大丈夫です。

あおりポケットがま口バッグ本体作成

この作業を、もう一回して2つ用意します。

あおりポケットと本体を仮止めで止めたものと、底の部分を繋げます。

あおりポケットがま口バッグ本体作成

もう一つのあおりポケットと本体を仮止めしたものを底と繋げます。

あおりポケットがま口バッグ本体作成

今度は、サイドの部分を繋げます。

あおりポケットがま口バッグ本体作成

もう一つのサイドの生地を繋げます。

あおりポケットがま口バッグ本体作成

全ての生地を繋げたら、横を縫っていきます。

上の写真でいうと、同じ色の部分を縫って完成させます。

あおりポケットがま口バッグ本体作成

縫い終わったら、ひっくり返して表部分を外側に出して、縫い代部分は開いておきます。

あおりポケットがま口バッグ本体作成

これで、本体の表部分は完成です。

 

以上で、表部分は完成しました。

次回は、内側の部分と完成までをアップしようと思います。