貴女がチェイサーならば

  貴女がチェイサーで 今、壮絶な体験をしているならば その意味を考えたことが あるだろうか 何故このような 精神的にも 現実的にも 厳しい状況を 体験しなければならないのかを 考えた事があるだろうか ツインレ […]

「私」が片割れに気付く時

  ふと・・・ そう思うとき それは、「私」からの呼びかけ 何かに背中を押されるように 突き動かされる衝動は 「私」が私を導こうとしている証 「私」が片割れに気付く時 止まっていた歯車が回りだす どんなに抵抗し […]

「愛」は無形であり無限である

      「私」とは 自由であり 何の束縛もなく そこにただ在る存在 「私」とは魂であり宇宙の意識 そして「私」とは「愛」である 5次元である「愛」に形はなく無形なもの そして「愛」に限界 […]

「私」と私

    感情は日々、揺れ動き ほんの些細な事で 悲しくなったり 心細くなったり 嬉しくなったり 楽しくなったり 時には絶望の淵まで落ちる事であっても 「私」は、ただそれを感じ体験している どんなに心が […]

愛されていると信じていい

暗闇の中、沈み足元眺めても 溢れるものは、大粒の涙 迷いて逃げても 引き戻されるは、 貴方への想い 顔を上げては光を見て 時に至福を味わいながら また、暗闇へ落ちては涙を落とす 何度、繰り返してきたのだろう 寄せては返す […]

無償の愛は誰の中にもある

    宇宙のツインレイが光と闇の関係ならば 地球のツインレイは光と影の関係 放つ光が眩しいほどに 闇はその分深く色濃い 月を目指して思っていても 指す指先ばかりに囚われては たどり着けぬ道だと知る […]

表と裏

    コインは、表と裏が1つになってる ツインレイも同じこと つねに背中合わせ 貴方の世界は 私には見えない 私の世界は 貴方には見えない それでも背中で感じ合う どちらか一方からでは 世界は半分 […]

性とは聖なるもの

    性とは、互いを解放するもの 一糸まとわぬ姿で、 互いを愛で、 慈しみ 官能に導く崇高なもの 滴る汗は 互いの愛をぶつける 美しいもの 重ねることで 互いの存在を確認し合う 本能の赴くままに貪り […]

ツインレイ 想い

  あまねく星を経由して たどり着きたるこの星で やっと出逢えた、我が君と 愛を語らうその日まで どんなに時を待っただろう 果て無く続くこの命 君を迎えしその日まで 我、忘れたもうことなかれ やっと出逢えし我が […]

ツインレイの愛

    ツインレイ ただ1つの真実の愛 生きてきた意味 真に1つの愛になるべく 互いにまとった闇を払う 1つ1つ払うたび 本当の貴方と私に還っていく その想いは、あまりに深い自己への愛 ただ愛してる […]