真実しか救われない

人は真実から逃れられぬ

どんなに苦しくても

どんなに辛くても

真実から目を背ければ

何の解決にもならぬ

背ければ一時は楽かもしれぬ

でも、その行為はただ自分から逃げているだけ

自分の醜さも

自分の弱さも

受け入れてこそ立ち上がれる

そう私は思う

真実は、時に衝撃を伴うほど残酷なこともある

だが真実だけが自分を救うのである

貴女の中にある真実は何を語っているだろう

その声は貴女に届いているだろうか

逃げていては、その声も届かぬ

今、貴女はその声を聞き

受け止める勇気を持つことが必要である

人は愛にしか生きられぬ

目を背けるではない

しっかりと目を開けて受け止めてほしいと願う