愛の道

どこまでも続く孤独な道

 

一切交流が持てず

無音のまま時が流れ

それでも忘れることが出来ず

ただただ涙する日々

 

お互いに愛を確認し

愛し合っているはずなのに

背を向ける相手に

あがいても

振り向いてくれない

 

相手は何故貴女に背を向けるのか

 

それは相手の役割に過ぎない

相手が実際にどう思っていようが

陰である貴女に真実の愛に導くためのもの

 

身を引くことで

貴女に愛を教えてくれている

 

ツインレイとは自己愛

相手を愛しているようで

自分を愛している

 

その事に気付かせるために

無言のまま背を向ける

 

この無音の期間に

貴女にはたくさんの学びが用意されている

 

出逢ってから今まで

相手が何を訴えていたのか

その考えに至る原因は何か

貴女は自分に問うほかないのである

 

そして

沸き上がる感情や思いを汲み取り

今、何をすべきなのかを

自分に問い、叶えてあげるしか道はない

どれだけ気付きを得ても

思っただけでは現実は動かないのである

 

ふと思う事は怖くて出来ないかもしれない

だが、勇気を持って行動した者だけが

道を開けるのだ

 

魂は無限だが人間という肉体は有限である

どれだけ時間が経過しようが

そこに踏みとどまり続けても何も変わらない

この道は時間ではなく、どれだけ歩いたかという距離だ

 

歯を食いしばってでも

ボロ雑巾のようになってでも

愛を選択して来た者だけが見えてくる光がある

 

今、貴女の勇気が試される

貴女の背中を押すことが出来るのは

貴女しかいないのである