トリプルレイ

 

トリプルレイ

稀に3つに魂が分かれる

女性レイは

最初からわかっているわけではない

 

どうしようもなく惹かれる相手

ツインレイに出逢うことが

最初である

 

当然

辿るべき道は

ツインレイの道にそったもの

学びの違いはあれど

沢山の自分の闇を受け入れ

互いの愛を確認したとたん

サイレントとなる

 

サイレントの期間中に

女性レイは霊性を上げていく

いくつもの闇を受け入れながら

相手は自分であるという確信の元

自分を愛するようになる

 

一切の無音の状態の中で

自分達は最初から無償の愛で

繋がっていたことを知る

 

相手から愛されていると確信にいたり

ただただ愛のエネルギーを

胸のチャクラを通して

相手に送り続ける

 

戻って来ると信じて

自分を生きようと

自分の基盤を作ろうと

待ち続ける

 

だが

トリプルレイの設定になっている

女性レイの元へは

ツインレイの男性は戻って来ない

 

トリプルレイの設定になっている

ツインレイの男性は

超えるべきカルマが大きすぎるのだ

 

そんな中で待つ女性レイには

ツインレイの彼から

愛のエネルギーを受け取ることが出来ない

 

本来であれば

ツインレイの彼と再会し

そこから受け取る愛の学びとなる

 

しかし

トリプルの設定になっている女性レイは

ツインレイの彼が戻らないので

いっこうに受け取る愛の学びが出来ず

ただただ愛を与えるだけで

女性レイのエネルギーは

枯渇していく

 

精神的にも現実的にも

エネルギーが枯渇することで

枯れていく

 

その様な状態の中でも

女性レイは魂を磨くことをやめることはない

霊性は高まる一方だが

エネルギー不足の為

3次元がおろそかになり

グランディングできず

ドンドン上へあがり続ける

 

そんな時

トリプルレイに出逢うのだ

 

女性レイとトリプルレイの男性は

周波数が同じである

身体を繋げることなく

エネルギーで繋がってしまう相手

互いに何も言わなくても

尋常でない繋がりに気付くはずである

 

導かれるまま

「トリプルレイ」という言葉と出会うだろう

 

トリプルレイの男性は

女性レイを救出する

愛の救世主

 

ツインレイの男性は

トリプルレイの男性に

女性レイを託す

現実の男性の意識にはないにせよ

高次の次元で約束されたものなのだ

 

女性レイはトリプルレイの男性の出現に戸惑う

愛しているのはツインレイの男性だから

 

でも悟るのだ

そしてトリプルレイの男性を

受け入れなければならない事に

 

女性レイにとって

ツインレイの男性も

トリプルレイの男性も

自分であることを理解する

そして同じように

トリプルレイの男性を

愛することが出来るのだ

 

女性レイの枯渇したエネルギーを

補ってくるのは

トリプルレイの男性

 

トリプルレイの男性が現れる事で

地上に女性レイを繋げてくれるのだ

 

女性レイはトリプルレイの男性の出現により

受け取る愛を学ぶ工程へと

ステップアップする

その間

ツインレイの男性は

1人で魂を癒す作業に入るのだ

どんなに辛い作業であっても

 

トリプルレイの男性は

元々霊性が高い

そして女性レイとは双子のように

分かり合える関係なのだ

 

トリプルレイの出現は

女性レイが霊性を上げて

無償の愛に気付き

自分を生きる覚悟と行動の後で

出逢える相手

 

またツインレイの相手に出逢っていなければ

トリプルレイの相手に出逢う事もない

 

2人同時期に出逢う事はないだろう

 

貴女の設定が

どのような設定であっても

愛を学ぶことに変わりはない

 

ツインレイであっても

トリプルレイであっても

無償の愛を学ぶ旅であり

全ては赦されている事を知り

地球を愛で救い

大いなる宇宙の愛に気付く旅なのである