ソウルワークの変化

 

こんばんは~(*^▽^*)

 

朝ですね。

チュンチュンも、冬のせいかまだ鳴いてない。(笑)

暗いからね。(≧▽≦)

 

私のブログを読まれているほとんどの方が、他のお気に入りのブログとかあると思うのね。

その中で、ソウルワークとか使命とか、色々書いていると思います。

 

私も発信する立場になって他の方のブログは、卒業だなと感じるまでは、数は少ないけど読んでおりました。

 

去年の今頃、自分がツインについて発信しているとは思っていなかったし、ましてやメール相談までしているなんて、考えもしなかった事なんですよ。

今では、メール相談の相談内容を読んで返信したり、ブログを書くことが私のソウルワークになっています。

まぁ、使命とも呼ぶ(*^▽^*)

宇宙に指名されちゃったしね、使命だけに・・・。(←ごめんなさい・・・引かないでね(笑))

 

いや、宇宙に指名されたのは事実ですね。

女性は宇宙を抱えているからね。

 

読んだことがあるかなぁ。

 

個人のソウルワークと、統合してからの2人のソウルワーク。

 

私の個人のソウルワークは、がま口作りだったのね。

で、トリプルの彼が現れて、超絶引きこもり状態の私を辛抱強く外へ出してくれたから、今があるんだけど、そのトリプルの彼との学びが始まってから、私は何故かツインについてのブログを書くようになってきたんです。

なんか、そうしなければという思いがあった。

 

当初は正直悩んだんだ。

まだ、完全にサレンダー状態とはなっていなかったし、外側意識もやはりあったからね。

躊躇したのは、知り合いが読んだらどう思うだろうという意識。

ね。

完全に外側意識でしょ?(笑)

 

結局は決意して、徐々に書くようになっていったんだよね。

そしたら、だんだんサイトに訪れる訪問者数が徐々に伸びてきて、8月のライオンズゲートを過ぎたころ、ガクンと伸びた。

その頃、今まで与えられる側(他のブログで気付きを得たり参考にしたりしているという事)から、与える側になるという意識の芽生えが私の中であったからなんだよね。

 

毎月伸びてきていて、クリスマスイブの日は、訪問者数及び閲覧数が最高記録を更新したの。ヽ(^o^)丿

 

前置きが長いか。(笑)

 

でね、何故女性に使命が絡むかというと、使命に生きる事を放棄することは、ツインと生きる事を放棄する事と同じだという事なんだ。

 

どゆこと?って思うでしょ?

 

自分の中にいるのは相手であるという事を、ブログでも発信しているのは、読者さんもご存知だと思うのね。

 

その自分の中の存在である相手の望みを叶えることが、ツインと生きる事に繋がるんだよ。

 

さっき、お風呂の中で腑に落ちたの。

(いつも夜中にお風呂に入る私(*^▽^*))

 

トリプルの彼のやりたい事を、私は間接的にやっていたと思っていたけど、統合してみて腑に落ちたのは、間接的ではなく2人の使命だったんだという事だった。

 

だから、統合までの私がやってきた、ツインブログだったりメール相談は、準備期間というか助走みたいな感じ。

統合した日に、お互いが「全てはこれから」と感じたのは、これから本格的に2人の使命である今の仕事が、始まるという意味だったんだ。

 

「えぇΣ(・ω・ノ)ノ! 私、自分の使命ってわかんないよぉ」と思う方も多いと思います。

使命って書くと、凄く思いと感じるし、なんかすごい事をしないとならないって、身構えてしまうけど、誰でも託されたものがあって、それは、貴女の愛する片割れがカギを持っていると思いますよ。

 

長いサイレント期間があるのも、自分と向き合い、自分の内なる声を拾い続ける必要があるからなんですね。

そうやって、自分と内なる自分と繋がる。

その繋がりが、太くなっていくと、「こんな事してみたいな」とか、「これをやっている時って、時間を忘れてやっているな」というものが出てくると思いますよ。

それがソウルワークに直結するかどうかは、やってみないとわからないけど、何か違うかもと違和感が出たら次のことをしてみたらいいかなって思います。

自分と太く繋がることで、片割れがカギを渡してくれると思います。

そのカギを使って開けてみて、手に取って欲しいと思います。

手に取って「無理」と元に戻さないでね。(≧▽≦)

戻したくなる気持ちもわかるけどね。(笑)

 

 

私達は、冒険をするためにこの地球を選んで生まれてきたんだよぉ(≧▽≦)

 

貴女の内側の望みを叶えられるのは、貴女しかいないからね。

 

レッツトライ!(笑)

 

・・・私の場合、宇宙のツインと統合したら、また違う事するんだろうかね。(≧▽≦)

その時の事は、楽しみにしておこう!

 

今夜も読んで頂いて、ありがとうございます。

それでは、おやすみなさい。

メール相談はこちらから