見える景色

 

貴女はツインレイという

険しい山道を

頂きを目指して

登っている途中なのであろう

 

見上げても

見えてこない頂きを

必死の思いで

登っているのだろう

 

とてつもなく

高く険しい山であっても

貴女が諦めない限り

一歩ずつ

歩を進める事で

近づいてくる

 

貴女が登ってきたところから

見える景色は

どんな景色だろう

 

私が登り辿り着いた場所と

貴女が登り辿り着いた場所とでは

見える景色は違う

 

私が見る景色を見たければ

貴女は自分の器を空にするしかない

 

そこから何を学びとるかは

貴女次第

 

私とは

貴女である

 

貴女が学び登り続ければ

続けるほどに

見える景色は

次第に絶景へと

変わりゆくだろう

 

登り続けた者だけが

見える景色がある

 

貴女の愛が

試されている