自己の愛に条件は必要ない

 

貴女が片割れに思う気持ち

それは片割れからの気持ち

 

貴女が愛してやまない気持ちは

相手が貴女に対して思う気持ち

 

貴女の中にいる

片割れとの距離が

現実世界での

貴女と相手との距離なのだ

 

貴女が相手に対し

どうしようもなく愛している気持ちは

自分に対しての愛の深さ

 

貴女は相手を愛しているようで

本当は自分自身を

愛してやまないのだ

 

ツインレイの愛は

究極の自己愛の世界

 

自己の愛に

何の条件もないのだ

 

貴女が生きて幸せであれば

貴女の片割れは

この上なく幸せなのだ

 

貴女が真に相手の幸せを

祈るのであれば

誰よりも貴女は幸せになる必要があるのだ

 

陰である貴女が

先に幸せになることが

陽であるもう一人の貴女が

幸せになるのだ

 

どうか

魂の片割れの願いを

受け取り

それを自分に許して欲しい

 

全ては許されているのだから