心の羅針盤

歩き続けるその道は

貴女にしか歩けない道

 

平坦な道ばかりでなく

デコボコや

坂や

穴が

時に歩きにくい道であっても

歩き続けるしかない道

 

転んでも

膝を擦りむいても

痛さのあまり立ち止まっても

また起き上がり

歩き続ける

 

何度も何度も

分かれ道にさしかかり

貴女は迷いながらも

行きたい道を選択する

 

その選択は

目的地まで

近い道かもしれないし

遠回りする道かもしれない

 

さりとて

その選択に間違いはない

今の貴女に必要な道であるならば

遠回りでも必然なのだ

 

貴女が歩き続ける先で

分かれ道にさしかかり

迷うのであれば

自分の心の羅針盤に

従うといい

 

その羅針盤のさす道は

勇気を伴う道かもしれない

足がすくむような

断崖絶壁かもしれない

 

その勇気が持てるまで

同じところをぐるぐると

歩き続けてもいい

 

心の羅針盤に従うことは

貴女の片割れを

信じて信頼する証

 

貴女は片割れの為に

従うだろう

 

信じた愛の為に