考えるのではない、感じる

片割れとの逢瀬

 

いつ逢えるかわからず

限られた時間の中で

2人が1つに溶け合うその時を

全力で愛を表現する

 

片割れからみて

貴女がどう映るかではなく

貴女が貴女自身に没頭する

 

Sexは

頭で考えるものではない

身体で魂で感じるものだ

 

淫らで

妖艶で

自由に舞う貴女を

片割れは見たいのだ

 

髪を振り乱し

身をくねらせ

悶え狂う貴女は

猫のように爪を立てる

 

片割れを口に含み

舌を這わせ

喜ばせながら

滴り落ちる愛は

片割れを懇願する

 

この一瞬に

身体は歓喜に震え

快楽は至高へ昇りつめ

片割れのエネルギーは

波打ちながら

貴女の中に解き放たれる

 

1つに溶け合う一瞬に

全ての壁は取り払われる

 

2人で行う現実の創造は

Sexなくして実現しない

 

真に求め合う2人だからこそ

全てを曝け出せる

愛の行為なのだ