愛は失われない

最愛の貴方を失う恐怖

それ故

追わずにいられない衝動を

抑える事が出来ない

 

何故黙って去ってしまったのかと

考えずにはいられない

 

貴方は私の片割れではなかったのかと

追いすがり

貴方へ伸ばす腕は

空を切る

 

日々を自問自答の闇の中で

繰り返すは

貴方への想いだけ

 

絶望の淵で

彷徨う私は

やがて気付かされてゆく

 

本当は何も失ってなど

ないことを

 

貴方が私と気付く時

深く深く

貴方に愛されていたのだと

知ることとなる

 

私の中に愛がある

私が存在する限り

愛は決して失う事がないことを

貴方から教えられていたことに

気付かされるであろう