貴女は美しい

 

もっと

わがままに

 

もっと

自由に

 

己の体を表現したらいい

 

恥ずかしいものなど

何もなく

ありのままに体現し

貴方の片割れと

共に喜びを

共に官能を

味わうといい

 

2人の間に偽りは必要とせず

愛があるだけで

喜びと化す

 

貴女の愛の表現が

貴女の片割れにとって

もっとも尊く

もっとも美しいものなのだから