愛されていると信じていい

暗闇の中、沈み足元眺めても
溢れるものは、大粒の涙

迷いて逃げても
引き戻されるは、
貴方への想い

顔を上げては光を見て
時に至福を味わいながら
また、暗闇へ落ちては涙を落とす

何度、繰り返してきたのだろう

寄せては返す波の様に
至福と絶望を繰り返す

時に苦しく切ない出口が見えない闇の中を
胸の中の光を信じて
歩き続ける

一歩
また一歩

遠くて長い道のりを、
底知れぬ恐怖に覆われても

超えたいと突き動かす衝動は
超えられることを
知っているから、歩いていける

壁と感じる事は
乗り越えたいという貴女の想いがあるからだ

乗り越えるという想いがなければ
そこに壁とは感じない

だから、信じて欲しい

貴女はすでに愛されている