ツインレイ 想い

 

あまねく星を経由して

たどり着きたるこの星で

やっと出逢えた、我が君と

愛を語らうその日まで

どんなに時を待っただろう

果て無く続くこの命

君を迎えしその日まで

我、忘れたもうことなかれ

やっと出逢えし我が君に

つきぬ涙は、愛の証

いざ戻ろう、愛の巣へ

共に目指す、安住の地へ