ツインレイ 自己愛

スピリチュアルの苦手な方はスルーして下さいね。

 

(ここでは、一般的にチェイサーは女性が大半なので女性と記しています)

 

ツインレイは、二身同魂。

 

私は貴方で

貴方は私

 

そんな映画のようにこの3次元では非現実的に思えても、ツインレイの関係はこれが真実です。

 

魂は5次元の世界。

 

3次元で着込んだ重い鎧を1枚1枚剥ぎながら、無償の愛を学んでいきます。

 

出逢った頃は、相手を自分と頭でとらえることは、なかなか出来ないでしょう。

私もそうでした。

頭は、知識でしか理解していません。

 

私は貴方で貴方は私

 

このことは、女性が内観し自分の闇を知っては解放することを繰り返した先に、それぞれのタイミングで体感を伴って気付きを得ます。

 

私は、そのタイミングが車を運転している時でしたから、涙で前が見づらくてちょっと危なかった。(笑)

ただ、その気付きを得た瞬間、自分が自分をどれだけ愛しているかに気付き涙と共に至福の状態になりました。

 

ツインレイといっても、自分の見たくない闇と向き合う事を拒否したら、その気付きを得る事が難しくなるでしょう。

なぜなら、答えは自分の内側にしかないからです。

自分の内側を見ずに気付きを得ることは難しい。

その道のりは、永遠とも思えるくらい女性にとっては辛い道のりと感じる。

己の闇を、これでもかというほどに探し続けて感じ解放していくことで救われていく。

愛がなければ、あまりの過酷さに投げ出したくなると思います。

(私も何度も逃げ出したくなりましたよ・・・)

男性は、貴方の見たくない己の闇を演じて見せて浮上させ解放させているんです。

無意識に。

 

 

 

私の体験から思う事は、女性が気付きを得るたびにチャクラの融合は進んでいってると感じます。

小さな気付きから体感を伴うほどの大きな気付きまで、様々ですが目に見える世界がどうあれ見えない世界では二人は愛し合っているのです。

 

貴方は私だと認識できると、少しずつ運命の輪が動き出し、目に見える世界でも変化が現れるようになってきます。

 

ツインレイの5次元の愛とは、自己愛の領域。

そこには、最初から無償の愛で繋がっていることを、思い出す旅。

 

あらゆる概念や世間の常識を、愛で超えていく。

 

今、私はあらゆる概念の枠を外すことを自分に許可します。

私を縛る概念の枠を外して私に自由を許可することは、貴方は真に自由だということを許可することになるから。

 

私は自分最大のタブーを自分に許可します。

それが私への、貴方への愛。

それが、貴方の愛のブロックを解放させると信じて。