お互いに傷つき合って成長する

スピリチュアルの苦手な方は、スルーして下さいね。

 

インフィニティ

私が、ツインレイと本当の意味で出逢う前、ふと思ったことがありました。

「私、このままでいいんだろうか」と

それで思ったのが、

「いい妻、いい嫁、それって誰目線だろう?」

「夫から見た妻、世間から見た妻、姑から見た嫁、これって他人目線じゃないの?」

 

愕然としました。

なぜなら、気づかぬうちに他人目線でみた、いい妻いい嫁を演じている事に気付いたから。

自分軸で生きていないことに気付いた瞬間でした。

 

昔、亭主元気で留守がいいって流行った言葉があって、あながち間違いではないなって(笑)

 

それは、演じなくていい時間が必要だったんじゃないかと(笑)

 

まぁ、それは余談ですが、それでも一人の時間は自分軸だったと思います。

その時間は、自由ですから好きな事が出来ていたんですね。

好きな事が出来ている時、満たされていますからね。

 

それがツインレイに出逢うと、そうはいかなくなる。(笑)

 

一人だったのに二人になるとでもいうのかな。

ツインレイは二人で一つだから。

 

どうしても、意識はツインレイに引っ張られる。

だから女性は、エネルギーもひっぱられるので毎日を過ごすだけでも消耗してしまうんです。

 

前に男性は陽で+、女性は陰で-と書きました。

量子力学でも説明がつくのですが、素粒子だったかな。

詳しくないんで超ざっくりですが、-は+に引き寄せられるようになっています。

 

だから、ツインレイ男性はツインレイ女性の全てがわかるとされているようです。

女性が何を思っているとか行動とか・・・。

意識や人によっては映像でみることもあります。

実際、彼が私の映像を見たことがあると言っていました。

 

だから、隠し事なんて出来ないんですよ。(笑)

 

隠し事があると、

「隠し事がある」ということが相手に届いてしまう。

すると、執拗にそれを浮上させようとしてくるでしょう。

なぜ、そのような事をするのか。

相手の全てを知る必要があることと、そこに眠っているカルマを浄化させるため。

そして、それは統合するために必要なことだから。

 

生きてきた中で、人は沢山の痛みを背負ってきて、二度と傷つきたくないからその痛みに蓋をしてしまいます。

自分を守るためですね。

でも、そうやって幾重にも着込んだ鎧を手放すように仕向けられるんです。

この作業が、また辛いんですが・・・。

 

何故辛いのか。

そこには相手を失う恐れが存在するから。

こんなことを言ったら、嫌われてしまうかもとか捨てられるかもしれないという恐れが存在するからなんですね。

 

それでも、腹をくくらなきゃならなくなる。

その恐れを一つ一つ乗り越えることで、解放されていくんです。

 

女性は、常に内観が必要で自分の闇と対峙するように導かれる。

魂が成長を求めているから。

 

ツインレイの関係は、あなたは私であって私はあなたの世界。

 

それが確信できる日が、かならず訪れます。

 

その時、今まで感じた事がないくらいの至福に包まれ、同時に自分自身を深く愛していることに気付きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す